SSLサーバ証明書: CSRの生成方法

KDDI 法人・ビジネス向け「SSLサーバ証明書: CSRの生成方法」(インターネットセキュリティ) のご案内です。

CSRの生成方法

[CSR生成] Microsoft Internet Information Services 7.0 7.5(新規・更新)

  1. インターネットインフォメーションサービス(IIS)マネージャを開き、サーバ証明書アイコンをダブルクリックします。

    接続:サーバ証明書アイコン
  2. 右側の操作メニューから、「証明書の要求の作成」をクリックします。

    操作:証明書の要求の作成
  3. ディスティングイッシュネームを入力し、次へ進みます。

    • 一般名は、半角英数文字 および ハイフン[-]、ドット[.]が利用可能です。
    • 一般名、国/地域 以外は、半角英数文字 および 半角スペース[ ]、ハイフン[-]、ドット[.]、アンダースコア[_]、カンマ[,]、プラス[+]、スラッシュ[/]、かっこ[(]、閉じかっこ[)]がご利用可能です。
    • ワイルドカードオプションをご利用の場合は、一般名にアスタリスク[*]を含めてください。例: *.globalsign.com
    証明書の要求:識別名プロパティ
  4. 暗号化サービス プロバイダは「Microsoft RSA SChannel Cryptographic Provider」、ビット長は2048bit以上を選択して次へ進みます。

    証明書の要求:暗号化サービス プロバイダのプロパティ
  5. CSRファイルの保存先を指定し、終了ボタンを押します。

    証明書の要求:ファイル名

以上で完了です。
指定した保存先にCSRファイルがありますので、この内容を、お申し込みフォームに貼り付けてお申し込みください。

サポートへ戻る

本サービスへのお問い合わせ

サービス専門スタッフが、導入へのご相談やお見積もりを致します。
何かご不明な点があればお気軽にお問い合わせください。