Web改ざん検知ソリューション: 機能

KDDI 法人・ビジネス向け「Web改ざん検知ソリューション: 機能」(セキュリティ) のご案内です。公開ウェブサイトのコンテンツを監視し、サーバの改ざんをいち早く検知したいお客さまにおすすめです。

機能

機能 概要
監視機能 解析機能 解析内容
  • 更新、改ざん (KDDI研究所の特許技術を利用)、障害の判定をし、記録
    • ファイルがダウンロード (表示) できないもの、およびレスポンスタイムが著しく遅いものを障害と判定
  • レスポンスタイム測定
  • コンテンツのダウンロードにかかる時間を測定しグラフ化
解析頻度
  • 初期設定 (ウェブ管理画面より変更可能)
    トップページのみ: 10分ごと
    2~100ファイル: 1時間ごと
    101ファイル以上: 24時間ごと
監視可能サイト
  • PCサイト
  • モバイルサイト (ユーザーエージェントを設定)
監視対象ファイル
  • txtファイル (htmlなど)
  • imageファイル (jpg、gif、pngなど)
  • applicationファイル (Word、Excel、PowerPoint、PDFなど)
アラート機能 アラート通知方法と内容
  • Eメールで通知 (標準設定では改ざんのみ通知)
    ファイルのURLと変更個所を通知
  • ウェブ管理画面での閲覧内容
    検知ファイルのソース表示および検知個所の色分け
    検知ファイルの記録 (PDF化し記録)
監視対象更新チェック機能 チェック内容 監視対象のウェブサイトにおいてページの追加や削除などの変更を確認し、監視対象ファイルを自動更新
設定変更・管理機能 (ウェブ管理画面) 確認機能 確認可能項目
  • 発生したアラートの一覧
  • レスポンスタイム測定結果
  • 監視対象ファイルの更新履歴
月次集計機能 レポート確認方法
  • ウェブ管理画面での確認
  • ウェブ管理画面よりPDFファイルダウンロード
レポート生成 (集計) タイミング 月末締め、翌日生成
設定変更管理 変更・追加・管理可能項目 解析頻度 (頻度パターン選択式)、監視対象サイト、アラート通知先、アラートの通知有無
関連サービス・ソリューション