KDDI 光ダイレクト: オプションメニュー

KDDI 法人・ビジネス向け「KDDI 光ダイレクト: オプションメニュー」(IP電話 (IPフォン)・直収電話) のご案内です。

お知らせ

「KDDI 光ダイレクト」は、2016年8月24日開通・変更分より初期費用、変更費用の改定を実施しました。詳しくは以下をご参照ください。

新規ウィンドウが開きます「KDDI 光ダイレクト」「KDDI 光ダイレクト over Wide Area Virtual Switch」「KDDI 光ダイレクト over Powered Ethernet」「KDDI-IPフォン」初期費用改定のご案内

インターネット 付加サービス

固定IPアドレスを利用した最大通信速度1Gbps (注1) の常時接続型インターネット接続サービスです。
IP電話とインターネットを1本の回線に統合することにより、通信コストを大幅に削減いただけます。

  • 注1)
    アクセス回線種別により最大通信速度が異なります。
    本サービスはベストエフォート型サービスです。記載の速度は技術規格上の最大値であり、実施用速度を示すものではありません。お客さまのご利用環境、回線の状況などにより大幅に低下する場合があります。

IP電話 付加サービス

サービス名 機能概要
代表 代表番号に着信があった場合に、通話中ではない回線に着信させるサービスです。
同時に複数の着信を受けることができます。
ダイヤルイン お客さまの通信機器に着信先の電話番号を通知するサービスです。契約者番号に加えて追加番号を利用することができます。
担当や部署別の直通番号あての電話を受けることができます。
発信番号表示 発信番号表示対応機器の場合、かけてきた相手の電話番号を、電話に出る前に電話機のディスプレイに表示するサービスです。
発信者を確認してから電話に出ることができます。
番号通知リクエスト 非通知でかけてきた相手に、電話番号を通知してかけ直すようメッセージで応答するサービスです。
番号非通知着信を未然に防ぐことができます。
着信拒否 お客さまがあらかじめ登録した電話番号からの着信を拒否するサービスです。
特定の相手からの迷惑電話を防ぐことができます。
着信転送サービス かかってきた電話を、契約者があらかじめ指定した電話番号に転送するサービスです。『無条件転送』『通話中転送』『スケジュール転送』の中からお客さまの用途に合わせて機能を選択することができます。
通話中や時間指定の転送機能により、業務効率化を図ることができます。
一括転送サービス (注2) ご契約中の複数電話番号にあらかじめ転送先を設定し、一括して転送するサービスです。
多くの番号をまとめて転送できるため、拠点切り替えや災害からの復旧を短時間で行うことができます。
バックアップ転送 回線障害や災害などにより着信不能となった際に、あらかじめ設定された電話番号へ自動で転送するサービスです。
障害時の自動転送や自動復旧を実現するため、お客さまのBCP (事業継続計画) に貢献します。
フリーコール番号通知 (注3) 電話をかけるときに、あらかじめ指定したフリーコール番号を相手先に通知するサービスです。
発信時に、お問い合わせ番号として0120番号などを相手先に通知することができます。
番号選択通知 相手先へ通知するフリーコール番号など (注4) を発信ごとに選択することができる付加サービスです。
インテリジェント機能 固定電話への着信コールを柔軟に運用するサービスです。
コール分配や時間外アナウンスなどの豊富な機能で、業務効率化に貢献します。
通話録音機能 (注2) 「KDDI 光ダイレクト」の発信・着信の通話を録音するサービスです。オフィスケータイパックを別途ご契約いただければ、au携帯電話の通話も録音することができます。
コンプライアンスの遵守、顧客満足度の向上など、さまざまな課題解決に貢献します。
  • 注2)
    一部の回線でご利用いただけない場合があります。
  • 注3)
    フリーコール番号通知で通知可能な番号はご利用中の「フリーコールDX」または「フリーコールS」の番号 (0120/0800) に限ります。
  • 注4)
    番号選択通知で通知可能な番号はご契約中の電話番号およびフリーコール番号に限ります。

本サービスへのお問い合わせ

サービス専門スタッフが、導入へのご相談やお見積もりを致します。
何かご不明な点があればお気軽にお問い合わせください。


サポート情報
導入事例 一覧 導入事例トップ

「パブリッククラウド型コンタクトセンターソリューション」などを導入し、秒単位で勝負が決まるビジネスで成功を収める。

本庁内・全職員にユニファイド・コミュニケーションを導入。
業務効率化と通信コスト削減を実現。

「Google Apps for Work (TM)」とスマートフォンにより、出張先でのメールチェックを容易にし、事業継続性の担保と維持コストの低減も達成。