KDDI 光ダイレクト: 着信転送サービス

KDDI 法人・ビジネス向け「KDDI 光ダイレクト: 着信転送サービス」(IP電話 (IPフォン)・直収電話) のご案内です。

お知らせ

「KDDI 光ダイレクト」は、2016年8月24日開通・変更分より初期費用、変更費用の改定を実施しました。詳しくは以下をご参照ください。

新規ウィンドウが開きます「KDDI 光ダイレクト」「KDDI 光ダイレクト over Wide Area Virtual Switch」「KDDI 光ダイレクト over Powered Ethernet」「KDDI-IPフォン」初期費用改定のご案内

着信転送サービス

事業所にかかってきた電話をあらかじめ指定した番号番号へ転送するサービスです。電話番号単位で転送先の設定が可能です。「無条件転送」「話中転送」「スケジュール転送」の中から、お客さまの用途に合わせて機能を選択いただけます。

料金

無料

  • 別途お申し込みが必要です。

提供機能

  1. (1) 無条件転送
    かかってきた電話をあらかじめご指定いただいた転送先に無条件で転送する機能です。

    図: 無条件転送

  2. (2) 話中転送 (同時接続超過)
    代表組み、もしくはダイヤルイン契約している回線群において、全チャンネルが塞がっている場合にかかってきた電話をあらかじめご指定いただいた転送先に転送する機能です。

    図: 話中転送

  3. (3) 話中転送 (着端末話中時)
    ダイヤルイン契約している回線群において、着端末が通話中にかかってきた電話をあらかじめご指定いただいた転送先に転送する機能です。

    • EGWの種類により提供できない場合があります。
  4. (4) スケジュール転送
    お客さまの設定したスケジュール(日付別・曜日別・時間帯別)に従って、かかってきた電話をあらかじめご指定いただいた転送先に転送する機能です。

    • スケジュール条件に合致した着信のみ転送します。
    • 1つの電話番号に対して、転送先として登録可能な電話番号は4番号までとなります。
    • 設定した複数の転送スケジュールに重複が発生した場合は「1.日付 > 2.曜日 > 3.時間」の優先順で転送を起動します。

着信転送サービスを他社へ営業されるお客さまへ

着信転送サービスは、電気通信事業法に規定する電気通信事業に該当します。本サービスを他のお客さまへ営業される場合には、電気通信事業者としての届出が必要となりますのでご注意ください。
詳しくは、総務省のWebサイトをご参照ください。

新規ウィンドウが開きます総務省総合通信基盤局 電気通信事業部 (転送電話サービスを営業される場合の届出について)

本サービスへのお問い合わせ

サービス専門スタッフが、導入へのご相談やお見積もりを致します。
何かご不明な点があればお気軽にお問い合わせください。


サポート情報
導入事例 一覧 導入事例トップ

「パブリッククラウド型コンタクトセンターソリューション」などを導入し、秒単位で勝負が決まるビジネスで成功を収める。

本庁内・全職員にユニファイド・コミュニケーションを導入。
業務効率化と通信コスト削減を実現。

「Google Apps for Work (TM)」とスマートフォンにより、出張先でのメールチェックを容易にし、事業継続性の担保と維持コストの低減も達成。