KDDI クラウドオートコール

KDDI 法人・ビジネス向け「KDDI クラウドオートコール」(その他サービス) のご案内です。

概要・特長

「KDDI クラウドオートコール」とは...

合成音声でメッセージを伝える、電話業務・自動化サービスです。
電話での通知・督促業務において「電話番号」と「通知文」をシステムに登録することで、「通知文」(テキスト) を音声に変換し、自動で電話をかけメッセージを伝えます。
また、システムでの発信状況や発信結果をリアルタイムに取得・確認可能です。

1.通知文と電話番号を登録、2.指定時間に一斉コール、3.合成音声でメッセージ伝達

サービスのご利用には専用のログインID、パスワードが必要です。URL、ログインID、パスワード (初期) については「ご利用開始のご案内 (開通通知)」にてご案内します。

お客さまの課題、「KDDI クラウドオートコール」が解決します

音声 (電話) を利用し電話業務を自動化することで、「電話業務の効率アップ」「業務コスト(人件費)・通話コストの削減」「督促業務などで発生する心理的負荷の軽減」をさまざまな場面で実現できます。

  1. 1入金勧奨業務に

    BEFORE

    • 手動で1件ずつ発信するため非効率
    • 通話時間が長くなり、通話コストも増加
    • 督促はお客さま側にも心理的負荷が発生
    • 電話結果の引継ぎ業務が発生

    AFTER

    • 短時間に一斉に発信するため業務効率が向上
    • 定型文の自動読み上げにより通話コストを削減
    • ストレス無く督促業務を遂行可能
    • 電話の履歴はシステムで確認や管理が可能
  2. 2予定変更時などの緊急連絡に

    BEFORE

    • 手動で1件ずつ発信するため非効率
    • 一斉メールを送信しても未読で連絡がつかない
    • メールアドレス未登録者には別途で電話連絡を実施しなければならない

    AFTER

    • 短時間に一斉に電話を発信するため業務効率が向上
    • 発信結果をリアルタイムに確認可能
    • 連絡網より早く確実な連絡が可能
  3. 3ご案内はがき発送後のフォローに

    BEFORE

    • 手動で1件ずつ発信するため非効率
    • 電話が繋がりやすい時間は限られているので、集中的に電話をかける人員が必要

    AFTER

    • 短時間に一斉に電話を発信するため業務効率が向上
    • システムからの自動発信のため人件費を削減

■そのほかの利用用途

予約完了連絡、障害連絡、キャンペーン案内、小包/書留の配送連絡、自治体からのお知らせや緊急連絡、高齢者宅への訪問連絡、店舗などの予約確認

「KDDI クラウドオートコール」をおススメする4つの理由

その1低コスト

クラウド型サービスなので、インターネットに接続されたパソコンだけで導入でき、ソフトウエアのインストールなども不要です。
電話を発信するための電話機・電話回線は必要はありません。

その2簡単設定

お客さまのパソコンで通知文を登録した後、通知する電話番号と通知スケジュールを設定するだけです。
指定した時間に自動で一斉に電話が発信され、ご連絡先には合成音声で通知内容が流れます。

その3リアルタイム性

メールに比べてリアルタイム性の高い電話であれば、すぐに情報伝達が可能です。大事な用件が埋もれません。

その4高い信頼性

電話回線、インターネット回線、システム含めすべての構成機器を冗長化しています。
24時間365日対応可能な受付保守体制でお客さまをサポートします。

本サービスへのお問い合わせ

サービス専門スタッフが、導入へのご相談やお見積もりを致します。
何かご不明な点があればお気軽にお問い合わせください。

関連サービス・ソリューション