生物多様性

KDDI 生物多様性保全の行動指針

KDDIは、「KDDI生物多様性保全の行動指針」を策定し、この指針にもとづき、生物多様性保全への貢献を多角的に捉え、さまざまな機会を接点に活動を推進しています。

  1. ■ 事業活動における保全の実践
    事業計画策定時に、関係する生態系や地域社会に及ぼす影響などに配慮します。

  2. ■ 関係組織との連携・協力
    行政、NPO等との連携、協力を深め、ICTを駆使した社会貢献活動に取り組みます。

  3. ■ 資源循環を推進
    生物資源の枯渇防止や、自然環境悪化の抑制のため、資源循環に継続的・積極的に取り組みます。

KDDI

メニューを開く
先頭へ戻る