メニューを開く
検索エリア

森林 (もり) の里親

新規ウィンドウが開きます「森林 (もり) の里親促進事業」とは、長野県と市民と企業がパートナー制度のもと「健全な森林づくり」と「交流による地域活性化」を目的とした取組み。KDDIは地域とともに長野県松代町西条区の森林保全活動に努めます。

au取説リサイクルの森 (長野) で森林保全活動スタート

2012年6月2日、 KDDI長野事業所の有志社員とその家族17名が、「森林整備ボランティア」に参加し、下草狩りや間伐作業体験をはじめ、きのこの駒打ちなどを行いました。参加者全員が初体験でしたが、作業前に草木の知識や食べられる草木の採取について、スタッフから丁寧な説明などを受け、安全に楽しく活動を進められました。この森から排出される間伐材から、ノベルティ (新規ウィンドウが開きます本のしおり新規ウィンドウが開きます2013カレンダー) を製作し、お客様へお配りしました。

新規ウィンドウが開きますKDDI CSRトピックス

au取説リサイクルの森 (長野) で森林保全活動スタート

2013年6月1日、長野地区を中心とする社員とその家族15名が、「第2回 森林整備ボランティア」に参加しました。
晴天に恵まれ汗ばむ中、間伐作業ときのこの駒打ちなどを行いました。のこぎりを使い、力を合わせ伐木した後には、自然と拍手があがり、気持ちを一つにして、安全に作業を進めることができました。
この森から排出される間伐材は、地元小学校の校舎 (建設中) にも活用されています。

第3回 森林保全活動実施!

2014年5月31日、長野市松代町の「au取扱説明書リサイクルの森 長野」にて、長野支店を中心とした社員有志とそのご家族による森林保全活動を実施しました。2012年より毎年実施しており、3回目となった今回も晴天にも恵まれ、ヒノキ林の下草刈りや間伐作業、キノコの駒打ち (キノコ原木への植菌作業) を行いました。

第4回 森林保全活動実施!

2014年10月18日 (土)、長野地区を中心とした社員有志とそのご家族による森林保全活動を実施しました。当日は晴天に恵まれ、杉の大木の枝打ち作業や春に植菌したキノコ (しいたけ・なめこ) の収穫作業を行いました。
また、この森から排出される間伐材は、北陸新幹線延伸に合わせ改装中のJR長野駅善光寺口の大庇資材としても、一部利用される予定です。

2012年度森林整備が実施されました

『森林 (もり) の里親促進事業」との契約に基づき、2012年度整備作業が実施されました。
森林に適度に光が差し、木々の生育が良くなり、風や雪にも折れにくい森へと生まれ変わりました。

2013年度森林整備が実施されました

『森林 (もり) の里親促進事業」との契約に基づき、2013年度整備作業が実施されました。
間伐は樹木の生育を促す大事な作業です。間伐作業により、下草が生育しやすい環境ができ土壌の流出防止にも繋がることから、土砂災害防止作業の一つでもあります。

2014年度森林整備が実施されました

『森林 (もり) の里親促進事業』との契約に基づき、2014年度整備作業が実施されました。 つるは伸びるに従い太くなり、風で振り落とされまいとさらに強く樹木に巻き付くため、木の幹は絞めつけられていびつに変形し、細い先端部などは折れてしまうこともあり、健全な育成のために大切な保育作業です。