メニューを開く
検索エリア

全国の古紙ヤードからいよいよ製紙工場へ

古紙ヤードで分別されたトリセツは、製紙工場へ運ばれます。まず、古紙に水を加えて溶かし (溶解)、インクなどの異物を洗い出します (洗浄)。次に大きなローラーで巻き付けて一枚の板状に (抄紙) して再生紙ができあがります。

再生紙になるまでをご紹介

1. 溶解
集められた古紙はこれから、水を加えて溶解されます。

2. 漂白・洗浄
溶解した原料から異物を取り除き漂白すれば古紙パルプができあがります。

3. 抄紙 (その1)
木材チップを粉砕したチップの山。

3. 抄紙 (その2)
溶解した原料から異物を取り除き漂白すれば古紙パルプができあがります。

4. 仕上げ
抄紙された紙は大きなロール状です。

5. 製品
それぞれの用途別に製品化されていきます。