2016年3月期のセグメント別業績ハイライト

KDDIグループは、国内事業の成長戦略である「3M戦略」、海外事業の拡張に向けた「グローバル戦略」を展開しています。これらの戦略の推進にあわせ、当社グループは、「パーソナル」「バリュー」「ビジネス」「グローバル」の4つを報告セグメントとして開示を行っています。

パーソナルセグメント【個人向け通信サービスなどの提供】

事業概要

個人のお客さまを対象に、モバイル・固定通信サービスなどを提供しています。主に、「au」ブランドのモバイル通信サービスの提供・携帯端末の販売に加え、固定通信では、「auひかり」ブランドのFTTHサービス、CATVサービスなどを展開しています。また、通信以外のサービスとして、auショップを活用した「au WALLET Market」に加え、2016年4月からは電力小売事業も展開しています。

売上高 営業利益 EBITDA

セグメント別活動報告: パーソナルセグメント

バリューセグメント【個人向けコンテンツ・決済サービスなどの提供】

事業概要

個人のお客さまを対象に、コンテンツ・決済などの付加価値サービスを提供しています。

「auスマートパス」をはじめとする月額会員制サービスの魅力化や「au WALLET Market powered by LUXA」などのコマース事業、2016年4月から開始した保険・住宅ローンを含む金融事業の強化による「au経済圏の最大化」を進め、流通総額・付加価値ARPAの拡大を図っています。

売上高 営業利益 EBITDA

セグメント別活動報告: バリューセグメント

ビジネスセグメント【企業向け通信・ソリューション/クラウド型サービスなどの提供】

事業概要

大企業から中小企業まで幅広い法人のお客さまを対象に、スマートフォン・タブレットなどのモバイル端末から、ネットワーク・アプリケーションまでをシームレスにご利用いただけるクラウド型サービスを含む、多様なソリューションサービスを提供しています。

売上高 営業利益 EBITDA

セグメント別活動報告: ビジネスセグメント

グローバルセグメント【海外での企業/個人向け通信・ソリューション/クラウド型サービスなどの提供】

事業概要

法人のお客さまに対して、データセンター「TELEHOUSE」を核としたICTソリューションをワンストップで提供するほか、ミャンマーやモンゴルなどにおけるコンシューマビジネスにも積極的に取り組んでいます。

売上高 営業利益 EBITDA

セグメント別活動報告: グローバルセグメント

その他【通信設備建設および保守・コールセンター・研究開発など】

事業概要

通信サービスを支える設備の建設やコールセンターの運営に加え、情報通信技術の研究および開発を行っています。

売上高 営業利益 EBITDA

  • 構成比は、各セグメント実績の単純合算値を100%として計算

KDDI

メニューを開く
先頭へ戻る