KDDIの価値の源泉

2016年8月現在

モバイル純増シェア (3月31日に終了した各決算期)

[1] CDMA2000 1x EV-DO方式を利用した第三世代携帯電話サービス「CDMA 1X WIN」を開始し、同時に業界初のパケット通信料定額サービスを導入するなど、他社に先駆けて先進的なサービスを展開。2004年3月期以降、5期連続au純増シェアNo.1を達成。

[2] KDDI初のiPhoneを発売。2012年3月期は、iPhoneをはじめ、業界随一の充実したスマートフォンラインナップを揃えたことによりモバイル純増シェアが上昇したほか、データARPUも伸張するなど、auのモメンタムは大きく向上。

auスマートバリュー契約数

[3] auスマートフォンと固定ブロードバンドのバンドルサービスを他社に先駆けて提供開始。スマートフォンを低廉な料金で利用できるというサービスの魅力度に加え、固定系提携事業者の販売チャネルをauの新たな販路に加えたことなどにより、契約数は順調に拡大。

[4] リアル店舗で利用可能な決済機能を備えた電子マネーサービス「au WALLET」の提供に加え、2015年8月よりauショップを活用した新たなショッピングサービス「au WALLET Market」を展開するなど、「au経済圏の最大化」に向けた取り組みを着実に推進。

KDDI

メニューを開く
先頭へ戻る