2009年3月期第1四半期決算説明会 (質疑応答)

日時 2008年7月22日 (火) 17:00~18:15
場所 ガーデンエアタワー20階会議室
登壇者 長尾副社長、両角専務、田中常務、高橋常務、長谷川本部長、長尾本部長、最勝寺室長 (司会)

質問者1

質問者2

質問者3

質問者4

質問者5

質問者6

  • 今後のデータARPU上昇の施策は?
    プレゼン記載の「au Smart Sports Run&Walk」などコンテンツ利用層は広がっている。現在提供しているサザンオールスターズとLISMOのタイアップでは、従来の若年層中心のEZ「着うたフル (R)」よりも顕著にデータARPUへの寄与が見られる。なお、コンテンツ利用層拡大に向けてのコンテンツデータ分析やマーケティングデータの活用なども行っている。
    「じぶん銀行」はサービス開始からまだ数日だが、口座申込は順調に進んでいる。貯金が趣味という若年層も多く、他社とは異なる軸での面白いサービスが提供できると考えている。

質問者7

質問者8

  • 先日発表されたFMCサービスの「auまとめトーク」の反応は? 今後代理店含めた取り組みはあるのか?
    8月1日より提供開始予定の「auまとめトーク」は各方面より良い反響を得ている。今後も携帯と固定の共通項を増やす余地はあると見ている。なお、「まとめて請求」が本サービス加入の条件となっているが、まとめて請求ご利用の場合の携帯の解約率は低い傾向が出ているなど良い効果も見込める。「auまとめトーク」はauショップ中心に販売していく。
  • データARPU拡大に向けた「ナカチェン」、「LISMO Video」などの取り組みに対する利用者の反応はどうか?
    「ナカチェン」は、ユーザインタフェースをコンテンツプロバイダに開放したもので、コンテンツプロバイダからは好評を得ており、利用者数も順調に伸びている。また「ナカチェン」はお客さまとの接点を広げるという面で効果があり、例えばトヨタ自動車の「TiMO」などB to B to Cモデルにおいても評価を受けている。「LISMO Video」はサービス開始間もないため、数字は大きくない。現在の「LISMO Video」、また他社のiPhoneもiPodもPC利用を前提としたものであり、今後PC利用前提ではない形の施策も紹介できるようにしたい。

KDDI

メニューを開く
先頭へ戻る