KDDIホーム 企業情報 投資家情報(IR) IRライブラリ 決算説明会 決算説明会2015年3月期 2015年3月期第1四半期決算説明会 (決算ハイライト・質疑応答)

2015年3月期第1四半期決算説明会 (決算ハイライト・質疑応答)

日時 2014年7月30日 (水) 17:00-17:50
場所 ガーデンエアタワー20階会議室
登壇者 田中社長、両角副社長、高橋専務、石川専務、福崎常務、田島常務、内田常務、東海林常務、本田本部長、明田室長 (司会)

決算ハイライト

決算説明会の模様

決算説明会では、(1) 2015年3月期第1四半期の業績に加え、(2) 新たなステージに向けた取り組みとして、[1]「IDxARPU」の拡大、[2]グローバル戦略の推進の2点について、社長の田中より説明致しました。

(1) 2015年3月期第1四半期 (2014年4月~2014年6月) の業績

2015年3月期第1四半期の連結業績は、営業収益 1兆206億円 (通期業績予想に対する進捗率 22%)、営業利益 1,948億円 (同27%)、EBITDA 3,264億円 (同26%) となりました。
このうち、営業利益は、パーソナルセグメントにおけるモバイル通信料収入の大幅増収等が貢献し、前年同期比で+161億円の増益となりました。通期業績予想に対する利益進捗は27%となり、二期連続の二けた成長に向けて順調に推移しています。

好調な業績を支える主要KPIの状況

パーソナルセグメントにおけるモバイル通信料収入 (=ID (お客さま数)xARPU) の大幅な増収は、1) ID (お客さま数) が前年同期比で+5.4%成長したことに加え、2)「au通信ARPU」が同+1.7%成長したことによるものです。
また、付加価値ARPUについても、auスマートパスご利用者の増加などが牽引し、同+11.1%上昇しました。
さらに、当第1四半期の連結ベースのau契約数は、前期末比49.4万増の4,102万契約となるなど、主要KPIはいずれも堅調に推移しています。

(2) 新たなステージに向けた取り組み

[1]「IDxARPU」の拡大

国内事業については、お客さま数である「ID」の拡大と、「ID当たりARPU」の拡大との両立により、持続的な成長を目指します。
まず、「ID」は、高品質なLTEネットワークを基盤に、auスマートバリューを契機として拡大していきます。また、「ARPU」は、スマートフォン向けの新料金プラン導入などによりスマートフォンシフトを促進させ、ひきつづき上昇を目指します。
さらに、付加価値売上は、これまでのauスマートパスを中心とした「オンライン」市場に加え、au WALLET等により新領域である「オフライン」市場への拡大を目指していきます。

[2]グローバル戦略の推進

KDDIのグローバル事業は、2015年3月期で売上規模3,100億円を見込んでいます。グローバル事業においては、1) 成長を支える礎としての「ICTビジネス」と、2) 規模拡大のエンジンの役割を担う「コンシューマビジネス」の2本の柱を軸に展開していきます。
まず、ICTビジネスにおいては、20年以上の実績を持つKDDIグループの海外データセンター「TELEHOUSE」を中核に据え、事業基盤として注力していきます。一例として、英国最大のネットワーク集積地であるロンドン・ドックランズに、投資規模240億円をかけた新棟「North Two」を建設予定です。
また、コンシューマ事業においては、今後、携帯市場の急速な拡大が期待されるミャンマーにおいて、ミャンマー国営事業体「MPT (Myanma Posts and Telecommunications)」と共同で通信事業を展開・拡大してまいります。

質問者1

質問者2

質問者3

質問者4

質問者5

KDDI

メニューを開く
先頭へ戻る