KDDIホーム 企業情報 投資家情報(IR) IRライブラリ 決算説明会 決算説明会2016年3月期 2016年3月期第1四半期決算説明会 (決算ハイライト・質疑応答)

2016年3月期第1四半期決算説明会 (決算ハイライト・質疑応答)

日時 2015年8月7日 (金) 17:00-18:00
場所 ガーデンエアタワー20階会議室
登壇者 田中社長、両角副社長、高橋専務、石川専務、福崎常務、田島常務、内田常務、東海林常務、本田本部長、明田室長 (司会)

決算ハイライト

決算説明会の模様

決算説明会では、「2016年3月期第1四半期の業績」と「新たな成長ステージに向けた取組み」の2点について、社長の田中より説明致しました。

1. 2016年3月期第1四半期 (1Q) の業績

2016年3月期1Q (2015年4~6月) の連結売上高は、前年同期比で7.1%増加し、1兆466億円となりました。
連結営業利益は、au通信 新規ウィンドウが開きますARPA収入と付加価値ARPA収入を合計した「総合ARPA収入」の拡大などにより、前年同期比19.3%増の2,310億円となりました。
親会社の所有者に帰属する四半期利益は、1,439億円となり、前年同期比29.2%増となりました。
通期の連結営業利益計画に対する利益進捗は28.2%と、順調に推移しています。

好調な業績を支えるオペレーションの状況

au通信ARPAの成長を支える指標である「お客さま1人当たりのモバイルデバイス数」は、タブレット契約数の大幅な伸長などから着実に拡大しており、2015年6月末時点で1.38台 (2014年6月末は1.34台) となりました。
これにより、2016年3月期1Qのau通信ARPAは、前年同期比で2.4%増加し、5,600円となりました。
「auスマートバリュー」は、開始から40カ月経過した現在も着実に契約数を伸ばしており、auスマートフォンは984万契約、固定ブロードバンドは484万世帯となりました。両サービスにおけるauスマートバリューの利用率は過半を占めるなど、安定した顧客基盤の確立に寄与しています。

2. 新たなステージに向けた取り組み

国内事業成長の牽引役である「付加価値領域」においては、2015年6月末のauスマートパス会員数が、前年同期比23%増の1,319万会員となるなど、堅調に推移しました。また、昨年5月に開始した、リアル店舗で利用可能な決済サービス「au WALLET」の申し込み数は、2015年6月末時点で1,290万件まで拡大しました。
KDDIは、オンラインサービス向けに「auかんたん決済 (キャリアビリング)」・オフラインサービス向けには「au WALLET」の2大決済プラットフォームを用意し、両サービスの利用促進を図ることで、流通総額の拡大を目指します。
一方、海外においては、ミャンマー国営郵便・電気通信事業体 (MPT)・住友商事株式会社と共同で推進するミャンマー通信事業において、モバイル契約者数が1年間で2倍以上に拡大するなど、順調に進捗しています。利用者の急拡大を支えるため、ネットワーク強化にも取り組んでいきます。

質問者1

質問者2

質問者3

質問者4

質問者5

質問者6

質問者7

KDDI

メニューを開く
先頭へ戻る