株主通信 2013年冬号

KDDIのCSR メガソーラープロジェクトを推進しています 一般家庭約3,100世帯分の電力を発電!

KDDIは、クリーンな再生可能エネルギーの普及・拡大による環境負荷軽減に貢献するため、国内3か所の社有地を活用したメガソーラープロジェクトを開始します。今秋以降に順次運用を始め、年間約11,100MWh (一般家庭約3,100世帯分) を発電する予定です。発電した電力は「再生可能エネルギーの固定価格買取制度」を利用して電力会社に販売します。
本プロジェクトでは、KDDI小山ネットワークセンター (栃木県小山市) 、KDDI八俣送信所 (茨城県古河市)、旧北浦受信所跡地 (茨城県行方市) の3か所の社有地の一部を利用し、合計約17万6,000m² (東京ドーム約3.6個分) の敷地に太陽光発電設備を建設します。これにより、CO2排出量の削減に寄与し、通信設備の維持・運用などに多くの電力を利用する通信事業者としての責務を果たすとともに、災害などに対応し得る多様な電源調達の確保に向けたノウハウの蓄積を目指します。

KDDIは、2012年度に策定した低炭素社会、循環型社会、生物多様性の3つを重点課題とする環境保全5ヵ年計画「KDDIGREEN PLAN 2012-2016」を進めています。今後もさまざまな活動を通じて、地球環境保全に貢献してまいります。

メガソーラープロジェクトの概要

設置場所 KDDI小山
ネットワークセンター
(栃木県小山市)
KDDI八俣送信所
(茨城県古河市)
旧北浦受信所跡地
(茨城県行方市)
敷地面積 約41,000m² 約57,000m² 約78,000m²
発電容量 約3,500kW 約3,300kW 約2,000kW
年間推定発電量 約4,000MWh 約4,500MWh 約2,600MWh
運用開始時期 2013年11月より順次運用開始予定

KDDI

メニューを開く
先頭へ戻る