株主通信 2014年冬号

トップメッセージ 株主の皆さまへ

株主さまには、平素より格別のご高配を賜り、厚くお礼申し上げます。

過去最高の売上・利益を達成

上期の業績は、営業収益2兆1,319億円 (前年同期比3.8%増)、営業利益3,848億円 (前年同期比10.7%増)、当期純利益2,314億円 (前年同期比41.9%増) といずれも過去最高を更新いたしました。中期的な事業目標である「2015年度まで毎期2桁の営業利益成長」に対しても、順調に進捗しております。
国内の通信市場における競争は厳しくなっておりますが、ネットワーク・端末・サービス・サポート・料金などのあらゆる分野で「auらしさ」を磨き上げ、競争力の強化を図っております。この上期には、今後の事業成長、事業領域拡大に向けた新たな取り組みとして「au WALLET」の提供を開始いたしました。

グローバルでの新たなチャレンジ

さらに当社は、基盤となる国内の通信事業だけではなく、グローバル分野での新たな成長機会にもチャレンジしております。その一つとして、本年7月に、経済的に急速に発展・成長し、今後大きな需要の増加が期待できるミャンマー連邦共和国で通信事業に参入することを決定いたしました。当社が国内外で培った経験や技術力を生かし、当社の事業成長はもとより、ミャンマーの経済・社会の発展にも貢献してまいります。

24時間365日つなぐのが使命

当社には、社会インフラを担う通信事業者として、24時間365日いかなる状況でも、安定したサービスを提供する重要な社会的使命があります。災害に強いネットワークの構築や災害時におけるお客さまの利便性向上に向け、全社一丸となって、今後も取り組んでまいります。

これからも当社は、あらゆる事業活動を通じて、世界中の人々に感動・安心・幸せ・笑顔をお届けし、社会の発展に寄与するとともに、持続的な利益成長と株主還元の強化により、企業価値のさらなる向上を目指してまいります。
株主の皆さまにおかれましては、なお一層のご支援、ご鞭撻を賜りますようお願い申し上げます。

2014年12月

代表取締役社長 田中 孝司

KDDI

メニューを開く
先頭へ戻る