1. KDDIホーム
  2. 企業情報
  3. 投資家情報(IR)
  4. IRライブラリ
  5. 株主通信
  6. 株主通信 2014年冬号
  7. 特集1 ミャンマー通信事業に参入

株主通信 2014年冬号

特集1 ミャンマー通信事業に参入 日本品質の技術力とお客さま対応で「最高の通信オペレーター」を目指す

当社は2014年6月、住友商事株式会社と共にミャンマーにおいて通信事業を展開するためにKDDI Summit Global Myanmar Co., Ltd. (KSGM) を同国ヤンゴン市に設立しました。KSGMは、ミャンマー国営郵便・電気通信事業体 (MPT) との共同事業運営による通信サービスの提供を通じて、ミャンマーの情報化を牽引していきます。

ミャンマーの通信事情は、他のASEAN諸国に大きく後れをとっており、携帯電話の普及率は2013年の時点で10%程度に過ぎず、光ファイバー網の整備も十分ではありませんでした。ミャンマー政府は、同国の経済成長に電気通信・ICT産業の発展が必要と考え、市場開放を行うと共に、2016年末までに携帯電話普及率を80%以上に引き上げる目標を掲げました。
KSGMはMPTと共に、大きな成長が期待されるミャンマーで携帯、固定、インターネットなどの全領域の通信サービスを「日本品質」で提供する「最高の通信オペレーター」を目指し、同国の経済発展に貢献していきます。

ミャンマーの基本データ
面積68万km² (日本の約1.8倍)
人口5,141万人 (2014年度ミャンマー国勢調査)
首都ネピドー
民族ビルマ族 (約70%)、そのほか多くの少数民族
言語ミャンマー語
名目GDP約553億USドル (2012/13年度IMF推計)
一人当たりGDP868USドル (2012/13年度IMF推計)
経済成長率6.4% (2012/13年度IMF推計)
主要産業農業
KSGM の概要
社名KDDI Summit Global Myanmar Co., Ltd.
代表 (Managing Director)長島 孝志 (KDDI理事)
設立日2014年6月16日
株主 KDDI Summit Global Singapore Pte. Ltd.(99.9%)※
KDDI Myanmar Co., Ltd.(0.1%)
  • KDDI Summit Global Singapore Pte.Ltd.の資本構成
    • KDDI
      50.1%
    • 住友商事
      49.9%
投資規模当初10年間で2,000億円程度を予定
所在地ヤンゴン市

インタビュー

「Moving Myanmar Forward」を合言葉に総合的な通信サービスを展開しミャンマーの発展に貢献していきます 取締役執行役員常務グローバル事業本部長 田島 英彦

「ラストフロンティア」とも呼ばれるミャンマーの高い成長性は、世界中から注目されています。5,000万人を超える人口を有するミャンマーは、新たに4,000万超の携帯電話需要の創出が見込まれる有望な市場です。
当社のグローバル事業は、「データセンターを核とする法人のお客さま向けICT事業」「個人のお客さまを対象に携帯電話・固定系サービスを提供するコンシューマ事業」「各国通信事業者とのキャリアビジネス (ホールセール事業)」の3つの軸で展開しており、ミャンマーへの参入は、このうちコンシューマ事業に位置付けられるものです。コンシューマ事業では、当社が培った経験とノウハウを活かして、現地の人々に喜ばれるサービスを提供し、その国の発展に貢献していくことが重要です。


KSGMとMPTの共同事業は、お互いのリソースを持ち寄る「BCC (Business Co-operation Contract)」というスキームで行われます。KSGMはKDDIの総合通信事業者としての経験と高い技術力、住友商事の60年以上にわたるミャンマーでの事業経験を生かし、日本品質による優れた情報通信サービスを提供していきます。MPTが有する全国規模のネットワーク、顧客基盤などが我々のサービスと結びつくことで、大きな競争優位性がもたらされるでしょう。
KSGMは「Moving Myanmar Forward」を合言葉に掲げ、携帯電話サービスだけでなく、固定通信や付加価値サービスを含めた総合的な通信サービスを提供していきます。ミャンマーの経済・産業の発展と国民生活の向上に貢献する私たちのチャレンジにご期待ください。

携帯電話加入数 (注1)

  • 注1)
    [出典] 携帯電話加入数: Informa, World Cellular Information Service (May 20, 2014)

共同事業の基盤強化を開始 通信サービスのトップブランド構築へ MPT Moving Myanmar Forward

2014年9月12日、KSGMとMPTは、共同事業の運営体制と新たなブランドロゴを発表しました。ロゴの発表に併せ、「Moving Myanmar Forward」を新生MPTのビジョンに定めると共に、より良い未来の扉を開き「最高の通信オペレーター」を目指す強い意志を込めたブランドコンセプト「Open the Door」も制定しています。
私たちの共同事業は、既に携帯電話サービスの品質改善に着手し、これまでに比べて大幅に繋がりやすい環境を実現しました。引き続き、さらなるサービス品質改善を着実に進めていくことで、お客さま満足度の向上を図っていきます。

お客さまであふれる携帯電話ショップ

KDDI Summit Global Myanmar Co., Ltd.
Managing Director
長島 孝志

KDDI

メニューを開く
先頭へ戻る