2010年9月 社長会見

日時 2010年9月10日 (金) 15:15~16:00
場所 KDDIホール (KDDI大手町ビル 2階)
発表案件 新規ウィンドウが開きます役員の異動について

あいさつ

小野寺社長

本日、開催されました当社の取締役会において、12月1日をもって、代表取締役社長に、現代表取締役執行役員専務の田中孝司が就任することを決定致しました。私は、兼務する会長職に専念することになります。
新社長に就任します田中は、資料にもありますように、現在、ソリューション事業本部、コンシューマ事業本部、商品開発統括本部を担当し、当社の現業部門全体を見ております。
また、UQコミュニケーションズ株式会社の社長を、設立時からこの春まで務めておりまして、新会社の立ち上げをゼロから経験しております。
KDDIは、これまでトラヒックで売り上げの大部分を得てきましたけれども、今後の成長には、トラヒック以外の売り上げを増やしていく必要がございます。田中は、入社以来、ソリューションビジネスの経験が長く、これからのKDDIをリードしていく豊富な経験を持っております。

次に、この時期に社長交代を決めた理由について、ご説明致します。
私は、2001年に社長に就任しまして、2006年からは会長職を兼務し、今に至っており、社長在任が10年目となります。
これを1つの節目として、社長を交代することに致しました。
また、KDDIは、本年10月1日で発足10周年を迎えますが、その前に次期社長を決定しておくべきと思っておりまして、この時期に発表させていただきました。就任時期を12月1日としたのは、来年度のKDDIグループ経営方針を新社長のもとで決定し、新社長が実行することが望ましいと考えたからです。

私からの説明は以上でございます。

田中専務

社長を拝命しました田中でございます。
最初に、私の自己プロフィールからお話しさせていただきます。
資料にもございますが、昭和56年に国際電信電話、旧KDDに入社しまして、どちらかといいますと、エンジニアとして若いときを過ごしました。
2000年に3社が合併し、それ以降は、主に事業部門を担当してまいりました。日夜、現業に励んでいたので、この7月末に、小野寺社長からお話を伺ったときは、正直、驚きました。

私の所信表明は12月の就任以降にさせていただき、まずは、私の思いをお話しさせていただきます。
2000年から、今、2010年でございますので、3社合併から10年が経ちますが、これまでは、どちらかというと、通信事業者間の競争であったと認識しております。昨今は、新しいプレイヤーが参入し、競争の形というものが大きく変化していると認識しております。私は、そうした競争の変化に対応できるよう、新たなKDDIをつくっていきたいと思います。
新たなKDDIをつくり、また、お客さまに応える新しいサービスを提供することで、KDDIおよびKDDIグループの持続的発展に尽くしていきたい所存です。

これからも皆さまのご指導、ご鞭撻を頂戴できればと、このように思っております。

以上でございます。

質疑応答

KDDI

メニューを開く
先頭へ戻る