2014年7月 決算社長会見

日時 2014年7月30日 (水) 15:00~15:40
場所 KDDIホール
発表案件 2015年3月期第1四半期決算発表について

決算、料金関連

総務省関連

今後の戦略等

  • ドコモのMNPも改善し、3社間の流動数が少なくなる中、今後の事業の成長戦略は。

    3年連続 営業利益を2桁成長させることを目指しており、今年はその2年目。ベースラインではARPUも反転しており順調で、成長の基盤は整っているという認識。また、さらなる成長のため、ID (契約者数) はauスマートバリューで引き続きID増を目指し、ARPU (契約者1人あたりの売上) はタブレット販売増や上位レイヤーの付加価値ARPUを増やすことで成長を目指す。特に、従来のオンラインでの付加価値ARPU増だけでなく、au WALLETを中心にオフライン市場へ進出し、売上拡大によりID X ARPUの最大化を図っていく。

KDDI

メニューを開く
先頭へ戻る