2015年11月 決算社長会見

日時 2015年11月5日 (木) 15:00~16:00
場所 KDDIホール
発表案件 2016年3月期第2四半期決算発表について

au

  • auの上期の純増数と、契約数が伸びている理由は?

    上期の純増数は、パーソナルで95万、連結では117万だが、フィーチャーフォンやスマートフォンの純増がだんだん伸びなくなり、タブレットやモバイルルーターなど、一人が複数端末もつことが全体のID (契約数) の伸びを支えている状況。デバイス毎の内訳は非開示の為、ご容赦いただきたい。

  • スーパーカケホの狙いと収支影響は?

    決算プレゼンテーション資料のスライド8 (モバイル料金プラン) のように、当社の料金設定は、セグメントアプローチをとっている。これまでは音声が従量制で、データが7GBまで使い放題のプラン (LTEフラット)、また一番下の2GBプランは音声がかけ放題で、データが段階的なプラン (デジラ) を提供してきた。スーパーカケホを導入した背景としては、この2種類の料金プランの間があってもいいのではないかと考えたからである。音声通話のかけ放題は1回5分までだが、90%の方がこの中に入る。データ定額の容量を2GBからなぜ対応しなかったのかという声もあるが、他社は5GBから設定している中、当社はがんばってより安い3GBを導入したというのが本音。お客様の使い方に合わせた料金を作っていきたいというのが主旨。スーパーカケホの上期までの業績影響は、9月導入から半月ほどしか経っていないため、ほとんど影響はない。敢えて言えば、スーパーカケホにより、以前よりもフィーチャーフォンからスマートフォンへシフトし易くなり、予想より契約数が獲得できている状況。

  • 冬春モデルの発表会を実施しないことによる影響はあるのか? また今後発表会の予定はあるのか?

    この秋は発表会を実施していない。iPhoneの発表時も申し上げたが、次の春にはAndroidを中心に発表したいと考えている。いろいろなことを考えているため、楽しみにしていてほしい。秋に発表会を実施するとiPhoneの発表に隠れて埋もれてしまうため、シーズンごとに発表会の形も変えていきたい。

総務省のタスクフォース

業績

KDDI

メニューを開く
先頭へ戻る