社長メッセージ

お客さま体験価値のさらなる向上を進め、「ライフデザイン企業」への変革を加速します。

情報通信技術の進展は、私たちのライフスタイルからビジネス、社会までを急速な勢いで変えつつあり、「デジタル・トランスフォーメーション」(デジタルによる変革) への対応力は、いま、企業の盛衰を左右する重要な要因として、あらゆる産業分野において必要とされています。

こうした中、KDDIは「お客さま体験価値を提供するビジネスへの変革」を2018年度までの中期目標の事業運営方針に掲げ、標榜する「ライフデザイン企業」への変革を、一段と加速してまいります。

新たな成長の柱である「au経済圏」の拡大に向け、ライフデザイン事業の展開も着実に進んでおり、「au WALLET Market」、新ショッピングブランド「Wowma!」をはじめとする物販事業、「auでんき」、「auのほけん・ローン」は、お客さまからご好評をいただいています。また、本格的なIoT (Internet of Things) 時代を迎え、2017年7月からは、ホームIoTサービス「au HOME」の提供をいち早く開始するなど、お客さまへの新しい価値提案を積極的に進めているほか、コネクティッドカー分野の推進に向けた取り組みや、IoTビジネスの本格的展開に向けたネットワーク、セキュリティ技術の開発なども、KDDIグループ全体で推進しています。

一方、海外におけるグローバルコンシューマ事業では、競争が激化しているミャンマーやモンゴルでの通信事業において、日本で培ったノウハウを活用し、エリア拡大、ネットワーク品質の向上により、成長を加速してまいります。また、「TELEHOUSE」ブランドによるデータセンター事業をはじめとしたグローバルICT事業では、継続して基盤強化を行い、さらなる拡大を進めてまいります。

このような事業運営を通じ、私たちKDDIは、高品質で付加価値の高い商品・サービスの提供に努め、豊かなコミュニケーション社会の発展に、なお一層、貢献してまいります。

今後とも、皆さまの変わらぬご支援とご協力をお願い申し上げます。

2017年7月
代表取締役社長 田中 孝司

KDDI

メニューを開く
先頭へ戻る