KDDI CSポリシー

KDDI CSポリシーは、お客さま満足を確かなものとし、KDDIが真のお客さま重視企業へ転換・成長していくための道しるべとして、2003年3月に制定されました。TCSのベクトルをひとつにする拠り所であり、TCSの実現に向けた経営トップから社員一人ひとりにおける判断・行動の基本的な指針となるものです。

KDDI CS ポリシー

KDDIは、最適な情報交流環境の構築を通じて、お客さまと止むことのない進歩を続けるべく、日々変化するお客さまを見つめ、妨げとなる意識を変革し、自らの能力・知識を最大限活用して、お客さまのお役に立とうという強い意志をもって、ここに定める七つのポリシーを体現する。

  1. (ご満足の実現)
    KDDIは、お客さまの気持ちを深くとらえ、お客さまにご納得いただけるご満足を実現する。
  2. (お客さま起点の発想・行動)
    KDDIは、トップから社員までの全員がお客さまを起点に発想し、Quick & Qualityで自ら行動する。
  3. (お客さまとの共創)
    KDDIは、より良いサービス・事業をお客さまと共に創り出す。
  4. (お客さまの評価)
    KDDIは、ご期待の裏返しであるお客さまの厳しい声に感謝し、ご満足実現の好機とする。
  5. (お客さまの信頼)
    KDDIは、常にお客さまとの約束を守り、ご納得いただける説明を行い、公正な関係でお客さまの信頼を確かなものとする。
  6. (ご満足の集積・還元)
    KDDIは、お客さまのご満足の積み重ねから売上をいただき、コストの最小化から利益を高め、さらなるご満足に還元する。
  7. (最善への賞賛)
    KDDIは、一人一人がお客さまのために最善を尽くして判断・行動することができ、互いに賞賛される社内環境を築く。

KDDI

メニューを開く
先頭へ戻る