Business Port Support Programにおける第一弾協業パートナーが決定
~SaaS型アプリケーションを順次提供開始~

KDDI株式会社
マイクロソフト株式会社

2008年3月13日

KDDI株式会社 (本社: 東京都千代田区、代表取締役社長兼会長: 小野寺正、以下「KDDI」) とマイクロソフト株式会社 (本社: 東京都渋谷区、代表執行役 社長: ダレン ヒューストン、以下「マイクロソフト」) が提供中の、パートナー支援プログラム「Business Port Support Program」を活用して、SaaS型サービスを提供するアプリケーションパートナーが決定しました。

2007年12月より加入受付を開始した「Business Port Support Program」は、パートナー各社のSaaS型サービスの提供を推進するプログラムで、マイクロソフトのSaaSインキュベーションセンタープログラム (注) のフレームワークを活用しています。
このたび、KDDIとアプリケーションパートナー6社 (株式会社 エヌジェーケー、株式会社エンタシス、株式会社オービックビジネスコンサルタント (OBC)、株式会社GCT研究所、ソフトブレーン株式会社、ピー・シー・エー株式会社: 社名五十音順) は、「Business Port」の業務アプリケーションを2008年秋以降に、順次提供していくことで合意しました。

  • 注) マイクロソフトがパートナー各社と協力し、SaaS型ビジネスへ参入する企業を支援するプログラム。

今後、「Business Port」は、協業するパートナーを拡大し、マッシュアップと呼ばれるアプリケーション同士の連携や「KDDI Business Outlook」との連携など、これまでにない新しい使い方を市場に提案していきます。

●Business Port Support Program

アプリケーションパートナーのSaaS型サービス提供を支援するプログラムで、初期投資や運用コスト等のリスクを最小限に抑え、KDDIとマイクロソフトの共同マーケティングにより、ビジネスチャンスを拡大させるプログラムです。加入申込方法など詳細は、下記特設サイトをご覧ください。なお、加入登録は無料です。

  • ※ ニュースリリースに記載された情報は、発表日現在のものです。
    商品・サービスの料金、サービス内容・仕様、お問い合わせ先などの情報は予告なしに変更されることがありますので、あらかじめご了承ください。

このページの先頭へ