Designing The Future KDDI

ナビゲーションをスキップして本文へ

ホーム > 東京電力および東北電力の計画停電による通信サービスへの影響について

重要なお知らせ

東京電力および東北電力の計画停電による通信サービスへの影響について

2011年3月15日

平素は、KDDIの通信サービスをご利用いただき、ありがとうございます。
東京電力および東北電力が2011年3月に発表した計画停電により想定されるKDDIの通信サービスへの影響は次のとおりです。

●1. 移動体通信サービス

au基地局の障害が発生している地域を除き、ご利用頂けます。
ただし、地下街や商業施設・マンション高層階など電波の入りにくい場所の対策がされている場所および、通話・データ通信量が増えて、音声サービスやEZweb・ISNET・Eメールなどのデータ通信サービスが混雑した場合、時間帯、地域により、つながりにくくなる可能性があります。
なお、次のサービスは、商用電源が必要なためご利用できません。

  • auフェムトセル
  • auレピータ

●2. 固定通信サービス

停電中は、次のサービスのご利用ができなくなります。

〈個人のお客さま〉

電話サービス
  • auひかり 電話サービス
  • KDDI-IP電話/050番号サービス
  • ケーブルプラス電話
  • メタルプラス電話 (注)
  • ADSL one 電話サービス (注)
  • マイライン、マイラインプラス (注)
  • 注) 商用電源を使用しているコードレスホンなどの電話機の場合にご利用ができなくなります。
インターネットサービス
  • auひかりネットサービス
  • ADSL one
  • メタルプラス電話 ダイヤルアップコース
  • au one net各コース (除くダイヤルアップ)
その他
  • auひかりTVサービス
  • 放送再送信サービス (東北・上越新幹線沿い電波障害組合員さま向け)
  • ※ 放送再送信サービスをご利用中のお客さまは下記ページもご確認ください。

〈法人のお客さま〉

下記サービスにおいて、宅内商用電源を使用している機器が利用できなくなります。

電話サービス
  • KDDI光ダイレクト、KDDI光ダイレクト over Powered Ethernet、KDDIメタルプラス (事業者用)、KDDI-IPフォン
  • ※ E-GWについては停電になる前に電源を切り、給電開始後に電源を再投入することをお勧めします。
インターネットサービス
  • KDDIインターネットゲートウェイ、イーサシェアなど
イントラネットサービス
  • KDDI Wide Area Virtual Switch、KDDI Powered Ethernet、KDDI Ether-VPNなど

●3. お客さまへのお願い

auひかり電話サービス・ケーブルプラス電話およびauひかりTVサービスをご利用のお客さまにおかれましては、当社またはケーブルテレビ会社が提供する宅内機器について、予期せぬ機器不具合を回避する観点から、計画停電実施中はあらかじめ宅内機器のコンセントを抜いておいていただき、停電からの復旧後にコンセントを差し直す対応をお願い致します。

  • ※ auひかりをご利用中のお客さまは下記ページもご確認ください。
  • 給電再開後に通信がご利用いただけない場合は、改めて通信機器の電源のON/OFFまたは、コンセントの抜き差しをお試しください。
  • 停電中に、装置内に保有するバッテリーが枯渇して、放電された状態となり、給電再開後に電源を投入しても装置が起動しない恐れがあるため、PBXおよびビジネスホンについては、停電になる前に電源を切り、給電開始後に電源を再投入することをお勧めします。
  • 緊急機関への連絡など、お急ぎの電話の場合は、携帯電話や公衆電話などをご利用いただくことをお勧めします。

●4. その他

一部の個人のお客さま向けサービス提供設備において、提供設備が停電エリアにある場合、お客さま宅が停電になっていない場合でも、サービスをご利用いただけないことがあります。



検索エリア

ページの先頭へ