Designing The Future KDDI

IPv6対応KDDI株式会社

ホーム > トピックス & インフォメーション一覧 > KDDIクリック募金「キボウのカケラ」新プログラムの開始について

トピックス & インフォメーション

KDDIクリック募金「キボウのカケラ」新プログラムの開始について
~東日本大震災 被災地の子どもたちに明るい未来を~

2012年3月1日

KDDI株式会社

KDDIは、Webサイトにアクセスして画面をクリックするだけで、募金に参加できるクリック募金コンテンツ「キボウのカケラ」の支援プログラムに東日本大震災で被災した子どもたちの未来を支援するプログラムを本日、開始しました。

クリック募金とは、インターネットサイト上の募金画面をクリックすると、スポンサーがクリック数に応じて、社会貢献活動を行う団体などに寄付をする仕組みで、ユーザーは金銭的な負担なく、募金に参加することができます。
KDDIは、CSR活動の一環として「キボウのカケラ」サイト上で支援するプログラムを公開し、そのプログラムに賛同いただいた方々の1クリックを1円に換算してNGO団体などに寄付しています。2007年6月のコンテンツ開設以来、さまざまな支援プログラムを展開し、多くの方々から賛同をいただき、総クリック数は1470万を超えています (2012年2月末現在) 。

今回追加した支援プログラムの「東日本大震災 被災地の子どもたちに明るい未来を」は、公益財団法人日本財団が展開する「ハタチ基金」を通じ、東日本大震災で被災した子どもたちの心のケアや学び・経済的支援など、子どもたちの成長に合わせたさまざまなサポートを支援する目的で開始しました。

KDDIは、今後も「キボウのカケラ」を通じて、社会貢献活動を行うさまざまな団体を支援していきます。

●1.「キボウのカケラ」参加方法

「キボウのカケラ」コンテンツにアクセスし、募金する支援プログラムを選択します。メッセージに従って画面をクリックすることで「キボウのカケラ」が生まれます。「キボウのカケラ」は大事に保管され、クリック (募金) されるごとにカケラは大きくなっていきます。「キボウのカケラ」が十分に大きくなった時点で、1カケラ1円とし、KDDIが支援先団体に寄付します。
クリック (募金) できるのは1日1回のみです。
auケータイからも参加できます。

図: 「キボウのカケラ」参加方法


●2.現在展開中の支援プログラム

  • 「東日本大震災 被災地の子どもたちに明るい未来を」
    東日本大震災で被災した子どもたちが、たくさんの笑顔を取り戻し、明るく希望に満ちた未来を築いていけるよう支援していきます。
  • 「日本の森を元気にする」
    未来の子どもたちに日本の「美しい森」を残したい、という願いを叶えるための支援プログラムです。25万クリックで約1haの森林整備が実現します。
  • 「難病の子どもたちの夢を実現」
    病気のために自分の力では、夢をかなえられない子どもたちがいます。「シンデレラになりたい」「電車を運転したい」など、難病と闘う子どもたちの夢の実現に協力しています。

●3.アクセス方法

〈PC、スマートフォンから〉

〈auケータイから〉

EZボタン → トップメニューまたはau one トップ → au Style → 関連サイトのご案内 → キボウのカケラ

図: QRコード

  • ※ 「キボウのカケラ (ケータイ版) 」はauケータイ以外からはアクセスできません。
    auケータイ以外をご利用の方は、PC、スマートフォンからアクセスをお願いします。


ホーム > トピックス & インフォメーション一覧 > KDDIクリック募金「キボウのカケラ」新プログラムの開始について


ページの先頭へ