コンティニュアスAF

コンティニュアスAFの概要

読み: こんてぃにゅあすおーとふぉーかす

コンティニュアスAFとは、被写体が動いても常にピントを合わせ続けるカメラ機能である。「自動追尾AF」、「動体追従AF」とも呼ばれる。
通常のAF(オートフォーカス)は、一度ピントを合わせると焦点距離が固定されるため、被写体が移動するとピントが合わなくなる。コンティニュアスAFは、カメラと被写体との距離が変わってもピントが合い続ける。そのため、動物や子供など動く被写体を撮影するときに役立つ。
デジタル一眼レフカメラ、ミラーレス一眼カメラ、高性能なコンパクトデジタルカメラに標準搭載されているおり、この機能を取り入れているスマートフォンもある。

2016年03月31日 更新


関連用語

最近見た用語