コントラスト比

コントラスト比の概要

読み: こんとらすとひ 英語名: contrast ratio

コントラスト比とは、ディスプレイに表示される画像・映像において明暗の差がどれだけあるかを示す指標。数字の値が大きいほどコントラスト比は大きく、明暗の差が大きい。
例えば、コントラスト比が「1000:1」の場合、最も暗い部分(黒)を1としたときに、最も明るい部分(白)の明るさがその1000倍であることを表す。
コントラスト比が高いほどメリハリのある画質が得られ、文字や色がくっきりと見える。ただし、ディスプレイの視認性はコントラスト比だけでなく、解像度や最大輝度などの複合的な要素で決まる。

2016年03月31日 更新


関連用語

最近見た用語