β版の概要

読み: べーたばん

β版とは、ソフトウェアハードウェアなどを開発途中段階でリリースするもののこと。開発途中段階のソフトウェアでインターネットから無料でダウンロードして利用できるものに、β版である旨が記されている場合がある。ユーザー側からすれば、無償でソフトを入手でき、開発者側からすれば、モニターテストをしてもらえるため、双方にメリットがある。ただしβ版は開発途中段階のものであるために、不具合が見つかることが多く、ユーザーから不具合の報告を受け、修正を加えていく。

β版より初期にリリースするものとしてα版があり、β版α版で見つかった不具合を解消したものであるため、α版よりは製品段階に近づいており、不具合は減少傾向にある。

α版β版の製品は、未知の不具合を含んでいる可能性があり、場合によってはシステムに深刻なダメージを与えることもあるため、使用に際しては注意が必要となる。

2014年03月05日 更新


最近見た用語