コンテンツプロバイダ

コンテンツプロバイダの概要

読み: こんてんつぷろばいだ 英語名: contents provider

コンテンツプロバイダとは、携帯電話やパソコンで利用できる画像・映像データ、ゲーム、便利ツールなどのコンテンツを開発し、それをユーザーに提供する事業者に供給する企業・団体・個人を指す。「CP(しーぴー)」と略されることもある。au携帯電話においては、EZwebEZアプリauスマートパスのコンテンツを提供している企業がコンテンツプロバイダにあたる。
コンテンツ制作者は、インターネットにWebサイトを開設して自分でコンテンツを配信することもできるが、多くのユーザーが利用するポータルサイトを介して配信することで、コンテンツを利用される機会を増やすことができる。昨今ではスマートフォンが普及し、コンテンツの機能がパソコンと同程度に向上したため、より多くのユーザーによる利用が見込まれている。なお、コンテンツの利用者に課金したい場合、ポータルサイトを運営する事業者が定めた課金システムを利用できるメリットがある。このため、多くのコンテンツ制作者が、携帯電話事業者などが定めたルールやシステムに従ってコンテンツを開発している。
携帯電話事業者にとっては、多くのコンテンツプロバイダに参加してもらうことが、自社のインターネットサービスの充実につながる。

2016年03月31日 更新


最近見た用語