干渉の概要

読み: かんしょう

干渉とは、複数の波がぶつかったり重なったりすることにより、それぞれの波が変化したり、新しい波が生じたりすることを指す。

携帯電話などの無線通信は「電波」という波で情報を伝送している。無線通信サービスを提供する通信事業者や放送局などは、それぞれ総務省から割り当てられた周波数帯で電波を送出している。周波数とは電波が一定時間に振幅する回数で表されるが、さまざまな電波が効率よく共存できるように、利用できる範囲を振り分けているわけだ。しかし、自然界における波と同じように、空間において近い範囲内に2つの電波があると干渉が起き、通信速度の低下などの弊害が生じる。

携帯電話基地局は事前に干渉の状況を調査した上で、アンテナの向きなどを調整して設置されている。一般家庭においても無線LAN機器が送出する電波が、他の電波とぶつかって干渉を起こす場合がある。

2014年03月05日 更新


最近見た用語