5GHz帯の概要

読み: ごぎがへるつたい

5GHz帯とは、無線LANで使われている周波数帯である。無線LANでは2.4GHz帯も使われているが、無線LANの通信規格である「IEEE802.11a」と「IEEE802.11ac」では5GHz帯で、「IEEE802.11n」では2.4GHz帯5GHz帯の2つの周波数帯で通信が可能である。
5GHz帯無線LANは屋内のみの利用に限られているが、無線LANの機器は概ね屋外でも利用できる2.4GHz帯の規格(IEEE802.11b/g)にも対応しているため、公衆無線LANの利用でも、利用者側が2.4GHz帯もしくは5GHz帯を使っているのか、意識することはほとんどない。
ただしデュアルバンド無線LANルーターには、空いている周波数帯を選択して使う機能があり、2つの周波数帯に対応していることで、より電波が通じやすいこともある。

2014年10月20日 更新


最近見た用語