IEEE802.11ahの概要

読み: あいとりぷるいーはちまるにーてんいちいちえーえいち 英語名: IEEE802.11ah

IEEE802.11ahとは、少ない消費電力で広いエリアをカバーする無線通信技術「LPWA(Low Power, Wide Area)」の規格の一つ。IoT向けのネットワークに使われる無線通信技術。
LPWAには、免許不要の周波数帯域(アンライセンスバンド)を用いるものと、免許が必要な帯域(ライセンスバンド)を用いるものがあるが、IEEE802.11ahは前者。
IEEE802.11ahは、「Wi-Fi HaLow(ワイファイ・ヘイロー)」という呼称もあり、Wi-FiアライアンスがIEEE標準規格として策定が進められている。1GHzよりも低い「サブギガ帯」と呼ばれる周波数帯域を利用し、最大伝送速度は150kbps程度、伝送距離は最大1km程度。

2017年03月29日 更新

最近見た用語