スグレス with KDDI

法人向けチャットボットサービス「スグレス with KDDI」(チャットボットサービス) のご案内です。

お知らせ
【2019年3月更新】 名称変更について

「Proactive AI with KDDI」は、2019年3月15日をもって「スグレス with KDDI」に名称変更いたしました。

概要

「スグレス with KDDI」は、人工知能 (AI) の活用により、お問い合わせに対する回答を自動で行うチャットボットサービスです。
お問い合わせに対してチャットボットが自動で応答することで、今までお問い合わせに割いていたリソースを本来の業務に集中させることができます。また「LINE WORKS with KDDI」との連携により、時間や場所に左右されずお問い合わせすることができるため迅速に自己解決することが可能です。

  • チャットボットとは『チャット』と『ボット』を組み合わせた言葉で、人工知能 (AI) を搭載したコンピューターが人間に代わって自動的に一定の会話をする『自動会話プログラム』です。
  • 『スグレス』は、データ分析力と技術力に長けた株式会社ALBERTが開発したチャットボットです。

「スグレス with KDDI」サービス紹介動画

サービス紹介

「スグレス with KDDI」の特長が分かるサービス紹介動画です。

動画再生時間: 3分43秒

導入メリット

  • 現在のお問い合わせ業務をチャットボットに代替させるだけでなく、そこに割いていたリソースを本来の業務へシフトさせることが可能です。
  • 既にFAQをお持ちであれば短期間でチャットボットの初期設定を完了することができます。
  • 社内お問い合わせ対応だけでなく、ウェブサイトにおけるオンライン接客や製品お問い合わせ対応など新しい顧客チャネルとしても活用できます。

特長

自動学習

  • 人工知能の活用によりユーザーの回答結果を加味し、自動的に学習することで手間をかけずに精度向上を実現します。
  • 自然言語処理に必要なメッセージ分類と情報検索・質問応答の技術を独自開発しているため、お客さまごとに回答精度を向上させるきめ細やかな回答精度向上チューニングが可能です。
  • お問い合わせの頻度と密度を元とする自動学習方法を採用しているので、さらなる回答精度向上が期待できます。

「LINE WORKS with KDDI」との連携

  • 使い慣れたLINEと同様の「LINE WORKS with KDDI」がユーザーインターフェースとして利用できるため、手軽にお問い合わせすることが可能です。
  • LINE WORKSのトークメンバーの一人としてチャットボットが追加されるので、後日メッセージ配信することができプッシュ型対応も可能です。
  • KDDIは「スグレス with KDDI」と「LINE WORKS with KDDI」の両サービスをご提供可能です。両サービスのシナジーを活かしたご提案をさせていただきます。

サポート体制が充実

  • 不具合や障害などに関するお問い合わせはもちろん『マニュアルの見方』や『FAQ作成やメンテナンスのヒント』など実際の運用時における回答精度向上のためのオンラインサポートを回数に制限なくご利用可能です。
  • 月額に含まれるオンラインサポートよりさらに手厚いサポートをご希望の場合には、サポートEX (オプションサービス) もございます。こちらは初期学習期間でのご利用がおすすめです。
  • AI部分を独自に開発しているため、ご要望がある場合にはお客さまごとにAI部分のメンテナンスを行うことも可能です。これによりFAQだけのメンテナンスに比べ、さらなる回答精度の向上が期待できます。

本サービスへのお問い合わせ

サービス専門スタッフが、導入へのご相談やお見積もりを致します。
何かご不明な点があればお気軽にお問い合わせください。

サービス専門スタッフより翌営業日以内にご連絡させていただきます。

お電話でもメールでもどちらでもお問い合わせいただけます。

導入事例 一覧 導入事例トップ

「LINE WORKS with KDDI」を人事制度、人財育成にも活用

大人用紙おむつの疑問や悩みを、AIチャットボットが解決。
「スグレス with KDDI」が快適な介護をサポート。


関連サービス・ソリューション

ご検討中のお客さま

KDDI 5G SUMMIT 2019 5G時代は、ここからはじまる。
KDDI DIGITAL GATE IoT、5G時代のビジネス開発拠点
be CONNECTED.
最新のイベント・セミナー情報をご覧いただけます。
KDDI ビジネスメールマガジン 法人のお客さまに役立つ情報をお届けします。