KDDI クラウドプラットフォームサービス: ベアメタルサーバー

KDDI 法人・ビジネス向け「KDDI クラウドプラットフォームサービス (略称: KCPS): ベアメタルサーバー」(IaaS・PaaS・DaaS) のご案内です。

専有型でプライベートクラウドに最適! まっさらな物理サーバーとは!?
お知らせ
【2019年5月更新】 「KDDI クラウドプラットフォームサービス」の料金改定について

Microsoft社によるライセンス価格の改定に伴い、2020年1月1日より、「KDDI クラウドプラットフォームサービス (以下、KCPS)」において提供中の一部Microsoft社製品につきまして、料金と仕様を改定いたします。

新規ウィンドウが開きます「KDDI クラウドプラットフォームサービス」の料金改定について

【2019年3月更新】 SOC1 Type2およびSOC2 Type2の取得について

「KDDI クラウドプラットフォームサービス」は、国際的な内部統制保証基準であるサービス・オーガニゼーション・コントロール1 (SOC 1) のType2 (継続) およびSOC2のType2 (継続) を2019年3月15日付で取得しました。
詳しくは以下をご参照ください。

新規ウィンドウが開きます「KDDI クラウドプラットフォームサービス」にて国際セキュリティ認証のSOC1 Type2を4年連続、SOC2 Type2を3年連続で取得

【2018年9月更新】 「KCPS ベアメタルサーバー」提供開始について

「KDDI クラウドプラットフォームサービス」の新たなメニューとして、お客さま専有の物理サーバー (ベアメタルサーバー) をオンラインでお手軽にご利用いただけるサービス「KCPS ベアメタルサーバー」の提供を開始いたします。
詳しくは以下をご参照ください。

新規ウィンドウが開きますオンプレミス同等の専有型クラウドサービス「KCPS ベアメタルサーバー」を提供開始

KCPS ベアメタルサーバー

機能一覧

オンプレミスのようなお客さま専有の物理サーバー (ベアメタルサーバー) を提供します。
サーバー管理はKCPSのAdmin Console (お客さまポータル) からオンラインでお手軽にご利用いただけます。
ベアメタルサーバーは従来の仮想サーバーと異なり、お客さまが任意のOS環境を構築することや、ハイパーバイザー (サーバー仮想化ソフト) を用いて仮想マシンを構築することが可能です。設計の自由度を必要とするプライベートクラウド構築に最適です。
KCPS ベアメタルサーバーは、KCPSの専有サーバー (Premium)・共有サーバー (Value)・ファイルサーバーと相互接続することで柔軟なシステム構築が可能です。

サーバースペック

ベアメタルサーバーを4種類のスペックで提供します。

サーバータイプ メニュー CPU メモリー 内蔵ストレージ NIC
Small i1.Small-8 8Core
(3.00GHz)
64GB SSD 1.875TB
(480GB x 4本)
4 x 10G
Medium i1.Medium-24 24Core
(2.60GHz)
256GB SSD 1.875TB
(480GB x 4本)
4 x 10G
Large i1.Large-24 24Core
(2.60GHz)
256GB SSD 13.44TB
(1.92TB x 7本)
4 x 10G
i2.Large-24
xLarge i2.xLarge-48 48Core
(2.10GHz)
768GB SSD 23.04TB
(3.84TB x 6本)
4 x 10G

機能へ戻る

VMware仮想化オプション

機能一覧

VMwareの仮想化ソフトウエア、およびゲストOSを月額提供します。仮想環境構築・OS環境構築はお客さま自身で実施いただきます。

VMware仮想化ソフトウエア vSphere
vSAN (注)
ゲストOS Windows Server (R)
RedHat Enterprise Linux
  • 注)
    vSAN はサーバータイプ『Large』『xLarge』のみでご利用いただけます。

機能へ戻る

本サービスへのお問い合わせ

サービス専門スタッフが、導入へのご相談やお見積もりを致します。
何かご不明な点があればお気軽にお問い合わせください。

サービス専門スタッフより翌営業日以内にご連絡させていただきます。

サービスのパンフレットをダウンロードいただけます。

お電話でもメールでもどちらでもお問い合わせいただけます。


サポート情報

導入事例 一覧 導入事例トップ

「ユニファイド コミュニケーション」で、効率的な音声通話環境を構築。
生産性の向上を果たし、多様な働き方が可能になった。

「KDDI IoT クラウド Standard」と「KDDI Wide Area Virtual Switch」で、設備機器のデータを、セキュアかつリアルタイムに収集。

KDDIのタブレットやネットワークを活用し、安全性と業務効率を両立。