KDDIホーム 法人のお客さま 業務改善のヒント満載 お役立ちコラム パソコンだけではない! ビジネスでの活用が進むスマートデバイスの魅力とは?

パソコンだけではない! ビジネスでの活用が進むスマートデバイスの魅力とは?

本シリーズでは、中小企業が持つ課題解決に最適な手段の一つであるIT化と、それを生かすスマートデバイス (スマートフォンやタブレット)、コミュニケーションを促進するグループウエアの活用について紹介していきます。

第1回である今回は、ビジネスで使用するスマートデバイスの選び方について解説します。高性能化するスマートフォンやタブレットを持つビジネスマンは増えています。

  • 初回公開日2015年11月20日

スマートデバイス導入企業は、IT化に積極的

企業のスマートデバイス活用の意向とクラウド化の関連
IT活用の関連性

【出典】「pdfファイルをダウンロードします中小企業のIT活用に関する調査 (2017年7月調査) (982KB)」(株式会社商工組合中央金庫 調査部)

上記の図は商工中金が行った、中小企業を対象としたIT活用に関する調査結果です。この調査によると、スマートデバイス (スマートフォンやタブレット) をビジネスに使用 (導入) している企業は4割程度、検討中企業を含めると過半数となり、スマートデバイスの活用がビジネスの場で今後も進んでいくことが予測されます。そしてさらに注目すべきは、スマートデバイスを導入している企業と未導入企業の違いです。導入企業では『SNSの活用』と『クラウド化』が進んでいる一方、未導入企業はそのどちらも有意に低い数値になっています。SNSの活用やクラウド化には、スマートデバイスの導入が密接に関連していると言えます。

ビジネスならばパソコンという固定概念はなくなった?

少し前まで、ビジネスでの利用はパソコン+フィーチャーフォンが中心でした。仕事で使うのだから、通話さえできれば良いと、フィーチャーフォンが当たり前に求められたのです。しかし、上記調査の通り、今ではスマートデバイス (スマートフォンやタブレット) の活用が進んでいます。それは、スマートデバイスと『SNS』や『クラウド』があれば、メールの確認はもちろん、書類のチェック、書類の申請・承認といった『業務』が、パソコンなしにどこにいてもできるようになってきた事が大きな要因です。

パソコンとスマートフォン、タブレット端末を使い分ける

一方、入力し易さ、画面の大きさなど、作業効率ではパソコンにはやはり利点があります。ExcelやAccessなどを使って細かく複雑な作業の多い内勤担当にとっては、やはり欠かせないツールです。
一方で携帯性が高い『小型パソコン』ともいえるスマートデバイスは、持ち歩いて外出先で使うという点では、特に毎日外回りをする営業担当者などにとっては、『どこでも』業務が行えるスマートフォンやタブレットは、欠かせないアイテムになりつつあるのです。

業務の内容、働き方の違いなどケースバイケースで、パソコン・スマートフォン・タブレットを使い分けていくことが求められるでしょう。

* * *

次回以降では、スマートデバイスと相性が良い具体的な業務用のアプリケーションについてご紹介していきたいと思います。

詳しい内容の資料を無料でダウンロードできます

「スマートデバイス×G Suite Business」活用ガイドブック

中小企業が抱える5つの課題を、スマートデバイスとG Suite Businessで解決! 解決方法のヒントを、事例とともにご紹介します。

新規ウィンドウが開きます資料ダウンロード

関連サービス・ソリューション

まずは、お気軽にご相談ください。

新規ウィンドウが開きますご検討・お見積の相談はこちら (無料)

パンフレットをダウンロードいただけます。


お電話でもメールでもどちらでもお問い合わせいただけます。

「お役立ちコラム」とは?

無料でダウンロード

KDDIスペシャルコンテンツ

業種別に見る ビジネス課題を解決するIT活用事例とその効果 業務効率化・コスト削減編
ビジネス課題を解決するIT活用事例とその効果 営業売上UP編
ビジネスに役立つスマートフォンの活用
KDDI 5G SUMMIT 2019 5G時代は、ここからはじまる。
KDDI DIGITAL GATE IoT、5G時代のビジネス開発拠点
be CONNECTED.
KDDI ビジネスメールマガジン 法人のお客さまに役立つ情報をお届けします。