KDDIホーム 法人のお客さま 業務改善のヒント満載 お役立ちコラム 万が一のときにどうするか、決めている企業はたった3割しかいない

万が一のときにどうするか、
決めている企業はたった3割しかいない

45%の企業でモバイルセキュリティに脆弱性が!? アンケート調査で分かった中堅企業のモバイルセキュリティガイド 第3回 万が一のときにどうするか、決めている企業はたった3割しかいない

前回のコラムで、スマートフォン紛失が分かった場合、すぐに遠隔ロック・遠隔データ消去をしなければならないと紹介しました。企業情報の流出を防ぐため、スマートフォンの紛失が分かったときに「どうしようか」と悩んでいる暇はありません。ところが多くの企業では、そんな一刻を争うときにどう対応するかを決めていないのです。

紛失したら、探す前に連絡、ロックを徹底する

モバイルセキュリティ分野で最先端をいくLookout,Inc. (米国) が2014年に行った調査では、日本では約23%のスマートフォンユーザーが、スマートフォンの紛失を経験していると答えています。これはアメリカで行った同様の調査での30%、イギリスでの35%などと比較すると低い数字に見えますが、5人に1人以上がスマートフォンを紛失した経験があると言う数字は、セキュリティ上では脅威です。

そこで、紛失しないような工夫は当然ながら『スマートフォンは紛失するもの』という前提に立った『万一のときの対策手順』を決めておく必要があります。

最低でも上記のような手順を決め、スマートフォンを持つ全員・関連部署に徹底しておく必要があります。基本となるのは『探す・見つける』のではなく、『もう戻らないという前提に立つこと』です。そして、きちんと上記のような対応をしつつ、警察などの関連機関、取引先などに連絡する必要があります。その連絡の際に『どのような措置をとっているか』をきちんと報告できるようにしていれば、無用に信用を失墜する危険は少なくなるでしょう。

該当項目へジャンプしますモバイルセキュリティ対策の実態と対応策について詳しく知りたい

紛失時の対応はスピードが大切に。簡単に管理できるMDMを活用

迅速にスマートフォン紛失時に遠隔ロックなどの措置を実行するには、適切な管理ツールが必要です。MDM (モバイルデバイス管理) と呼ばれるツールが一般的ですが、紛失などのセキュリティ対策だけではなく、日常的なスマートフォンの管理も効率化する機能を持つものがほとんどです。MDMを活用すれば、机上のパソコンからすぐに遠隔ロックなどの措置を実行できますし、紛失後にそのスマートフォンが使われているかどうかも確認することができます。紛失後にどのような事象 (情報漏えいなど) が起こっているか、確認できるのです。スマートフォンを活用するならば、効率の面でもセキュリティの面でも、MDMの導入は必須だと言えます。
また、スマートフォンの紛失は日中だけとは限りません。夜間など、業務時間外では対応が遅れてしまいます。そこで、スマートフォンの管理などをアウトソーシングすることも考えられます。多忙な情報システム部門の担当者をスマートフォンの管理から開放し、他業務にリソースをあてられるようになるでしょう。

該当項目へジャンプしますモバイルセキュリティ対策の実態と対応策について詳しく知りたい

詳しい内容の資料を無料でダウンロードできます

KDDI顧客調査で分かったモバイルセキュリティの課題

KDDI顧客調査で分かった、中堅企業におけるモバイルセキュリティ対策の実態と、その対応策をご紹介します。

新規ウィンドウが開きます資料ダウンロード

まずは、お気軽にご相談ください。

新規ウィンドウが開きますご検討・お見積の相談はこちら (無料)

パンフレットをダウンロードいただけます。

お電話でもメールでもどちらでもお問い合わせいただけます。

「お役立ちコラム」とは?

無料でダウンロード

KDDIスペシャルコンテンツ

業種別に見る ビジネス課題を解決するIT活用事例とその効果 業務効率化・コスト削減編
ビジネス課題を解決するIT活用事例とその効果 営業売上UP編
KDDI 5G SUMMIT 2019 5G時代は、ここからはじまる。
KDDI DIGITAL GATE IoT、5G時代のビジネス開発拠点
be CONNECTED.
KDDI ビジネスメールマガジン 法人のお客さまに役立つ情報をお届けします。