「仮想化されていないクラウド」で柔軟なITインフラ構築「仮想化されていないクラウド」で柔軟なITインフラ構築

オンプレミスと同等の環境をクラウドで実現
「KCPS ベアメタルサーバー」

自社でハードウェアを管理したくないからクラウド化したい、
でも自社専有の物理サーバーが使いたい…。
これまで実現が難しかったこの要望に応える画期的な環境が
「KCPS ベアメタルサーバー」です。

導入検討・見積相談

「KCPS ベアメタルサーバー」
とは?

KDDIのクラウド基盤であるKDDI クラウド
プラットフォームサービス(KCPS)上で、
“まっさらな物理サーバー”を専有して利用できる
クラウドサービスです。
仮想化されていないので、オンプレミスと同様の
専有性や安定したパフォーマンスを実現できるうえ、
使いたい時に使いたいだけ利用できるという、
クラウド特有の柔軟性と拡張性を兼ね備えています。
さらに、通信キャリアが得意とする
24時間/365日での運用サポートを提供。
まさにオンプレミスとクラウドの
「いいとこ取り」ができるサービスです。

KCPS ベアメタルサーバーKCPS ベアメタルサーバー

動画でわかる
「KCPS ベアメタルサーバー
サービス紹介」

動画でわかる「KCPS ベアメタルサーバーサービス紹介」

「KCPS ベアメタルサーバー」の特長とは?「KCPS ベアメタルサーバー」の特長とは?

仮想化されていない
クラウド環境を利用可能

KCPS ベアメタルサーバーは、クラウドならではの手軽な利用が可能でありながら、仮想化されていないサーバー環境を利用できます。
そのためオンプレミスのシステム構成を変更することなく、クラウド環境に移行することができます。

仮想化されていないクラウド環境を利用可能仮想化されていないクラウド環境を利用可能
  • POINT1

    1社でハードウェアをまるごと専有できるので、IOPS(1秒あたりに処理できるI/Oアクセスの数)を自社で独占でき、他社の影響を受けません。

  • POINT2

    仮想化せずに利用できるのでオーバーヘッドがなく、ハードウェアの性能を十分に引き出すことができ、安定したパフォーマンスを発揮します。

  • POINT3

    物理サーバーをクラウド上で利用できるので、オンプレミスと同様の複雑なカスタマイズも可能です。

  • OSの種類やバージョンの制限がない

    お客さまがハイパーバイザーを持ち込み構築・運用することで、従来のIaaSのようにOSの種類やバージョンによる制限が一切ありません。移行に伴うコストや設計負荷も削減できます。

    OSの種類やバージョンの制限がないOSの種類やバージョンの制限がない
  • ライセンスが障壁となっているシステムをクラウド化

    仮想サーバー上で使用するとライセンス費用が増加するような、仮想化しない物理サーバーで利用したほうがよい
    システムにも適しています。

    仮想化環境ではライセンス費用が増加してしまうケース仮想化環境ではライセンス費用が増加してしまうケース

VMware vSANTM※
スモールスタートが可能

1つの大きなストレージ領域を用意して大規模なプライベートクラウド基盤を構築したい場合に便利なのがSDS(Software Defined Storage)です。KDDI ベアメタルサーバーは、VMware認定構成のサーバーHW「VMware vSAN ReadyNodeTM」を採用。 VMware vSANTMという新しい技術を取り入れることに対する初期投資のリスクを低減します。必要に応じて拡張し、場合によって採用を取りやめるなどスモールスタートに最適です。

vSAN※のスモールスタートが可能vSAN※のスモールスタートが可能

※ VMware vSANTM:VMwareのハイパーバイザーであるESXiに統合された次世代SDS。各サーバーに内蔵されたSSD(Solid State Drive)やHDDをプール化し、リード/ライト/バックキャッシュとして利用することで、高いパフォーマンスを発揮します。

オールフラッシュ構成のVMware vSANTMを従量課金で利用可能

一般的なVMware vSANTMのライセンスはCPU単位のライセンスでの買い切りのみですが、KDDIからオプション提供するvSANライセンスは、CPUコアではなく、VMware vSANTMに利用しているディスク容量の総和での従量課金となります。

VMware vSANのスモールスタートに最適VMware vSANのスモールスタートに最適

ハードウェアの導入・増設が
スピーディ

ベアメタルサーバーの申し込みや管理は、KCPSのAdmin Console(お客さまポータル)を利用してオンラインで手軽に行うことができます。サーバーはKDDIがメーカーから直接調達するので、無駄なコストを省いて素早く導入し、運用を開始できます。

ハードウェアの導入・増設がスピーディハードウェアの導入・増設がスピーディ

「KCPS ベアメタルサーバー」が
安心できる理由

  • 1
    第三者監査人に
    保証された信頼性

    KCPSは、内部統制に関わる第三者監査人による保証報告書「SOC1 Type2報告書」「SOC2 Type2報告書」を取得しています。

    第三者監査人に保証された信頼性
  • 2
    東日本/西日本の
    リージョン構成で
    災害対策も安心

    東日本、西日本の2箇所のリージョンをご用意しております。両サイトをご契約いただくことで災害対策を考慮したシステム構築が可能となります。

    東日本/西日本のリージョン構成で災害対策も安心
  • 3
    安定したネットワーク

    低コストかつ
    安全に利用可能

    KDDI Wide Area Virtual Switch/KDDI Wide Area Virtual Switch 2を利用すれば、安全な閉域網を経由してベアメタルサーバーにアクセス可能。クラウドへの接続料金を考慮せずに利用できます。

    安定したネットワークで低コストかつ安全に利用可能

「KCPS ベアメタルサーバー」の
利用シーン

SCENE1

社内・グループ会社共通の
プライベート基盤を構築

  • ITインフラの課題
    • 部門、グループ会社ごとに乱立しているサーバーを集約して共通化したい。
    • 現在利用中の仮想化基盤の拡張作業が手間。もっとタイムリーに調達したい。
  • 導入の効果
    • サーバー集約により、管理・運用のTCOを削減できる。
    • オンラインでの調達によるタイムリーな拡張で、迅速さが要求される共通基盤でも安心して利用できる。
社内・グループ会社共通のプライベート基盤を構築社内・グループ会社共通のプライベート基盤を構築
SCENE2

VDIなどのシステムを
段階的に拡張

  • ITインフラの課題
    • VDIを導入したいが、最適な性能を出しつつ高い収容率を実現できるか不安がある。
    • VDIをすでに導入しているが、サーバー台数が多くパッチ適用が大きな負担になっている。
  • 導入の効果
    • NVMe搭載のxLargeモデルで、高い収容率のVDI基盤が構築できる。
    • 高い収容率によってサーバー台数が削減されることでパッチ適用などの運用が楽になる。
VDIなどのシステムを段階的に拡張VDIなどのシステムを段階的に拡張

「KCPS ベアメタルサーバー」の
利用料金

  • すべてのモデルにSSDを搭載。
  • xLargeモデルのキャッシュ用ディスクには従来のSSDと比べて最大3~5倍のIOPSを実現するNVMe※1搭載の高スペックモデルを採用。
  • 契約開通初月無料、最低利用期間なし、利用日数に応じて日割りにてご利用可能。
項目 月額料金(税抜) 初期
工事費
種別 CPU※2 メモリー ストレージ 価格 単位
サーバー
利用料
i1.Small-8 8 Core
(3.00GHz)
64 GB SSD 1.875 TB
(480GB × 4本)
70,800円 物理サーバー
ごと
無料
i1.Medium-24 24 Core
(2.60GHz)
256 GB SSD 1.875 TB
(480GB × 4本)
99,800円
i1.Large-24
i2.Large-24
256 GB SSD 13.44 TB
(1.92TB × 7本) ※3
230,000円
i2.xLarge-48 48 Core
(2.10GHz)
768 GB SSD 23.04 TB
(3.84TB × 6本)※4
450,000円
  • ※1 次世代のSSDのインターフェース
  • ※2 CPUは2CPU搭載モデルのみ
  • ※3 VMware vSANTM利用時に必要となる ”480GB×1本(ブート用) + 960GB×1本(VMware vSANTMキャッシュ用)” も別途、内蔵済
  • ※4 VMware vSANTM利用時に必要となる “480GB×1本(ブート用) + 1.6TB×2本(VMware vSANTMキャッシュ用・NVMe)” も別途、内蔵済

KCPS ベアメタルサーバー関連資料公開中

  • 企業のクラウドシフトを後押しするベアメタルの実力

    企業のクラウドシフトを後押しする
    ベアメタルの実力

    資料を読む

  • クラウド vs. オンプレミスは古い両者の利点を持つベアメタルサーバーとは

    クラウド vs. オンプレミスは古い
    両者の利点を持つ
    ベアメタルサーバーとは

    資料を読む

お気軽にご相談ください

導入検討・見積相談

KDDIビジネスメールマガジン

新サービス情報や事例をはじめ、ウェブサイトで公開していないセミナー情報をお届けします。

メルマガ登録はこちら

お気軽に
ご相談ください

導入検討・見積相談

閉じる