KDDI IoT通信サービス LTE LTE通信モジュール: SKM32

KDDI 法人・ビジネス向け「LTE通信モジュール: SKM32」(KDDI IoT通信サービス LTE) のご案内です。

SKM32セイコーソリューションズ (株) 製

IoT機器での利用に最適な3GPP標準規格のLTEカテゴリ1に対応した小型通信モジュールです。
低消費電流で通信可能なほか、アンテナ1本でも利用可能です。
KDDIの3G対応通信モジュールと互換機能を搭載 (注1) しており、従来提供していた「WM-M320」と同形状のため、3GからLTEへの移行にも最適です。

  • 注1)
    一部未搭載機能があります。

対応機能

モジュールブラケット01

「モジュールブラケット01」をご利用いただくことで、従来の3G通信モジュール「WM-M300」と同形状になります。


ブラケット単体

SKM32との組み合せ利用時

  • SKM32とモジュールブラケット01のアンテナコネクタ間を中継する同軸ケーブル (RF) は別売となります。

詳細スペック

製品名 SKM32
メーカー名 セイコーソリューションズ株式会社
サイズ 30 x 27 x 4.5 (mm)
  • 3G通信モジュール「WM-M320」同サイズ
  • モジュールブラケット01と組み合わせる事で、3G通信モジュール「WM-M300」同サイズ (37 x 50 x 5.3mm)
重量 約6g
  • モジュールブラケット01と組み合わせた場合は約10g
通信方式 LTE カテゴリ1
通信速度 下り: 最大10Mbps
上り: 最大5Mbps
動作温度 -30℃~ +70℃
消費電流 RTCアラーム時: 5µA (注2)
省電力モード時: 1.7mA (注2)
最大送信出力時: 480mA (注3)
アンテナコネクタ Main: U.FLコネクタ (GPSと共用)
Sub: U.FLコネクタ
  • デフォルトはMainアンテナ1本のみで動作。送受信感度を向上させたい場合はアンテナ2本動作設定へ変更しSubアンテナを接続。
外部インターフェース シリアルインターフェース x 2、USBインターフェース (80pinコネクタ)
  • 製品改良などにより、外観および記載事項の一部を予告なく変更する場合があります。
  • ベストエフォート方式による提供のため、通信環境や混雑状況の影響により通信速度が変化します。
  • サービスエリア内でも、電波状態の悪い場所では、データ通信ができないことがあります。
  • 日本国外ではご利用できません。
  • 注2)
    室温25℃、電源電圧3.65V、アンテナ1本利用設定、UART接続、圏内時の平均値です。通信モジュール個体により前後する場合があります。
  • 注3)
    室温25℃、電源電圧3.65V、アンテナ1本利用設定、UART接続、送信出力最大でデータ送受信する時の平均値です。通信モジュール個体により前後する場合があります。
本サービスへのお問い合わせ
インターネットからのお問い合わせ

導入事例 一覧 導入事例トップ

知らぬ間に発生する発電異常や電気設備の故障を、『ソーラー監視王』によるアラートメール即時配信で、復旧時間を短縮化し、損失を最小化へ。

AEDの状態を24時間365日遠隔で自動監視することにより、緊急時の作動不良を防止すると同時に、設置者が担う日常点検や消耗品の管理業務の省力化も実現。

auの4G LTE回線網がカバーする日本全国を通話圏内とするIPトランシーバー
同報性・即時性はそのままに同時通話・多重通話も実現。