KDDI SD-Network Platform: 機能

KDDI 法人・ビジネス向け「KDDI SD-Network Platform: 機能」のご案内です。SD-WAN機能など4つのパッケージから選択可能です。統合型セキュリティ対策であるUTM機能も利用可能なため、セキュリティリスクの低減が可能です。

機能

4つのセグメントに分かれた機能からお選びいただけます。

SD-WAN機能
  • マルチパス制御
  • ローカルブレイクアウト
  • セグメンテーション

ほか各種SD-WAN機能

ROUTER機能
  • 標準的なルーターの機能
  • 拠点ごとの通信品質をアプリケーション単位で可視化
UTM機能
  • 次世代ファイアウォール
  • URLフィルタリング
  • IDS/IPS

ほか各種UTM機能

一括管理機能
  • 『SD-WAN機能』『ROUTER機能』『UTM機能』を一つのAdmin Consoleで一括管理
  • 一部機能については順次提供予定。今後の拡張機能の詳細は「お問い合わせフォーム」よりお問い合わせください。

各パッケージでご提供する機能は以下をご参照ください。

4つの機能パッケージからご利用機能をお選びいただけます。

機能パッケージ名 提供機能
ROUTER機能
一括管理機能
SD-WAN機能 UTM機能
ROUTER××
UTM×
SD-WAN×
UTM付きSD-WAN

SD-BOXはスループットの異なる複数の種類からお選びいただけます。

SD-BOXSMALL
MEDIUM
LARGE

SD-WAN機能

WANの課題を解決するSDN技術を用いた機能

マルチパス制御

利用用途により経路を選択

遅延の影響を受けやすいアプリケーションは閉域網回線、メールなどはインターネット回線と、ご利用の目的により使い分けることが可能です。

通信品質により経路を選択

始業時など通信が輻輳し品質が低下した場合は、異なる経路にトラフィックを振り分けて通信を安定させることが可能です。

ローカルブレイクアウト

クラウドサービスを快適利用

安全なSaaSへのアクセスのみデータセンターを経由せず、各拠点から直接インターネットに接続させることで、安全かつ快適に各種クラウドサービスをご利用いただけます。

トラフィック分離

安全性が確保できないトラフィックについては、データセンターを介してインターネットにアクセスすることで、セキュリティを確保します。

セグメンテーション

  • 2019年度以降提供予定。

グループ会社の統合管理

買収したグループ会社などITの運用ポリシーが異なる場合も、閉域網上のトラフィックをグループ会社ごとに分離し、別ネットワークとして構築可能です。

運用管理の負荷軽減

拠点のアクセス回線を1本に集約することで、回線費用だけでなく、運用にかかる管理負荷を軽減します。

ROUTER機能

標準的なルーターの機能を備えているため、既存CPE (お客さま構内設備) の置き換えとしてご利用可能です。
さらに、アプリケーション単位でのトラフィック可視化も標準提供しますので、ROUTER機能のみご利用の場合でも、お客さまのネットワークの見える化が可能です。

UTM機能

SD-BOXに以下の各機能を持つUTM機能 (統合型セキュリティ対策機能) を搭載可能で、ローカルブレイクアウト時も安全な通信を実現します。

次世代ファイアウォール

IPアドレスやポート番号に加え、アプリケーション単位でも通信の疎通/遮断を制御できるセキュリティゲートウェイです。

URLフィルタリング

アクセスできるインターネット上のウェブサイトをカテゴリやURLにより制限可能です。

IDS/IPS

インターネットとの通信を監視し、通信のパターンから不正侵入やマルウエア通信の検知・遮断を行います。

  • 2019年度以降提供予定。

一括管理機能

一つのAdmin Consoleで各拠点の『SD-BOX』を一括管理

Admin ConsoleからすべてのSD-BOX設定を制御

ルーターごとに現地で個別の設定変更をすることなく、Admin Consoleから各拠点のSD-BOX設定をコントロール可能です。

本サービスへのお問い合わせ

サービス専門スタッフが、導入へのご相談やお見積もりを致します。
何かご不明な点があればお気軽にお問い合わせください。


サービス専門スタッフより翌営業日以内にご連絡させていただきます。

サービスのパンフレットをダウンロードいただけます。

お電話でもメールでもどちらでもお問い合わせいただけます。