KDDI Smart Mobile Safety Manager: 契約約款・利用規約

KDDI 法人・ビジネス向けの「KDDI Smart Mobile Safety Manager: 契約約款・利用規約」のサポート情報です。

お知らせ
【2019年1月更新】 バージョンアップに伴う機能拡張・追加

『KDDI Smart Mobile Safety Manager』(以下SMSM) は、2019年1月22日より管理者向けにユーザーインターフェースの新デザインへの完全移行を実施しました。
またGoogleのゼロタッチサーバーとSMSMサーバーが連携したゼロタッチ登録に対応しました。

詳細は以下URLをご確認ください。

新規ウィンドウが開きます法人向けデバイス管理サービス『KDDI Smart Mobile Safety Manager』バージョンアップについて

【2018年12月更新】 OSサポートポリシーの改定とAndroid (TM) エージェントの開発変更について

「KDDI Smart Mobile Safety Manager (以下、SMSM)」において、2018年7~8月に発生したAndroidマルウエア誤検知障害の再発防止策として、SMSM基本プランの各OSサポートポリシーを改定いたします。
また、Google社の方針変更に伴い、Androidエージェント開発方針を変更いたします。

【OSサポートポリシー改定】
新ポリシーにてサポート対象外となるOSは、2019年6月末までを移行期間としてこれまで同様サポートいたしますが、2019年7月1日以降は新ポリシーでの運用となります。
サポート対象外となったOSは、サポート終了後1年間 (2020年6月30日まで) はお問い合わせに対応いたしますが、動作保証や不具合の対応はいたしかねます。

サポート対象外となるお客さまにおいては、端末のOSアップデートを行っていただくか、サポート対象OSがご利用可能な端末へ機種変更いただきますようよろしくお願いいたします。

詳細は以下URLをご参照ください。

pdfファイルをダウンロードしますKDDI Smart Mobile Safety Manager OSサポートポリシー改定について (991KB)

【Androidエージェント開発方針の変更】
これまで、デバイス管理機能を提供するために『Device Admin』という権限を利用しておりましたが、Google社がAndroidQ (10) では『Device Admin』権限を廃止し、今後は『Android Enterprise』権限の利用を案内していることから、『Device Admin』権限を利用している『従来版』の提供を2019年7月に終了します。
また、『Android Enterprise』は、Google Playにアップロードしているアプリケーションでの開発が必須とのGoogle社の方針により、『従来版Device Owner Mode』の提供を次回のバージョンアップ (2019年4月以降予定) で終了します。

そのため、今後は従来版の新機能追加の開発は行わず、不具合対応のみ行います。
Android 6系以上のAndroid端末は、『Android Enterprise』をご利用いただきますようお願いいたします。

詳細は以下URLをご参照ください。

pdfファイルをダウンロードしますKDDI Smart Mobile Safety Manager 従来版/従来版DOMの提供終了について (918KB)

契約約款

KDDI Smart Mobile Safety Managerは、位置情報等提供サービス契約約款に基づき提供されるサービスです。新規お申し込みご希望のお客さまは、以下の契約約款を必ずご確認ください。

pdfファイルをダウンロードします位置情報等提供サービス契約約款 (234KB)

本サービスへのお問い合わせ

  • お問い合わせ

    お電話でもメールでもどちらでもお問い合わせいただけます。

お問い合わせ
KDDI DIGITAL GATE IoT、5G時代のビジネス開発拠点
be CONNECTED.
よくあるご質問
オフィス電波サポート24 オフィスでもっとつながりやすく
いいね!をもっと。KDDI 法人のお客さまの最大化へ向けた取り組み
YOUR VOICE ご意見をお聞かせください