お知らせ

ケーブルプラスでんきに関する最新の情報をお知らせします。

再生可能エネルギー発電促進賦課金の新単価への切り替え時期の変更について

掲載日:2018年12月21日

いつも「ケーブルプラスでんき」をご利用いただきありがとうございます。
2019年4月ご利用分より、「ケーブルプラスでんき」の「再生可能エネルギー発電促進賦課金」(以下「再エネ賦課金」と記載します)の新単価への切り替え時期を変更致します。
再エネ賦課金は、国が年度ごとに単価を定めます。ケーブルプラスでんきでは、これまで、新単価への切り替え時期を毎年5月1日としていましたが、2019年度より、地域の電力会社と同様の4月の検針日に改めます。
本変更に伴うお客さまのお手続きはございません。
何とぞ、ご理解賜りますようお願い申し上げます。

再生可能エネルギー発電促進賦課金とは?

※資源エネルギー庁HP「なっとく!再生可能エネルギー」もご確認ください

再エネ賦課金とは、国が定めた制度で、再生可能エネルギーが私たちの暮らしを支えるエネルギーの一つになることを目指し、電気をご利用の皆様に電気のご使用量に応じたご負担をお願いするものです。 「再生可能エネルギーの固定価格買取制度」で、再生可能エネルギーで発電した電気を、地域の電力会社が一定価格で買い取ることを国が約束しています。電力会社が買い取る費用を電気をご利用の皆様から賦課金という形で集め、今はまだコストの高い再生可能エネルギーの導入を支えています。 お客さまからお預かりした再エネ賦課金は、小売電気事業者(注)が国へ納付しています。

(注)ケーブルプラスでんきの小売電気事業者は、KDDI株式会社です

ケーブルプラスでんきの再エネ賦課金の新単価への切り替え時期変更について

再エネ賦課金は、国が年度ごとに単価を定めます。ケーブルプラスでんきではこれまで、新単価への切り替え時期を毎年5月1日としていましたが、2019年度より、地域の電力会社と同様の4月の検針日に改めます。

2019年度の再生可能エネルギー発電促進賦課金単価について

2019年度の再エネ賦課金単価は、国により、2019年3月に公示される見込みです。発表後速やかにケーブルプラスでんきホームページに掲載いたします。なお2018年度の単価は、1kWh当たり2.90円です。

影響額の計算例(モデルケース)

※でんきMプラン(東京)をご契約、4月の検針日が4月16日で、4月1日~4月15日で130kWh、4月16日~4月30日に130kWh、合計260kWhご使用の場合
※再エネ賦課金単価:2018年度:2.90円/kWh、2019年度:3.16円/kWh(+0.26円)の場合

新単価への切り替え時期の変更前

でんき使用量260kWh × 単価2.90円 = 再エネ賦課金754円



新単価への切り替え時期の変更後(2019年4月ご使用分)

①2018年度単価適用分:でんき使用量130kWh × 単価2.90円 = 再エネ賦課金377円
②2019年度単価適用分:でんき使用量130kWh × 単価3.16円 = 再エネ賦課金410円
③再エネ賦課金合計(①+②)= 787円



※上記はモデルケースです。実際の金額は再エネ賦課金の単価の増減額、お客さまのご使用量によって異なります。
※2018年度の再エネ賦課金単価は、2017年度と比較し、1kWhあたり0.26円上昇しました。
※2019年度の再エネ賦課金単価は、国により、2019年3月に公示される見込みです。公示後は速やかに、ケーブルプラスでんきHPに掲載いたします。

ケーブルプラスでんき約款の変更について

上記再エネ賦課金の新単価への切り替え時期変更の趣旨を反映し、2019年1月1日付でケーブルプラスでんき約款を変更致します。

約款はこちら

Q&A

なぜ、ケーブルプラスでんきの再エネ賦課金の新単価への切り替え時期を変えるのか?

地域の電力会社を含む、多くの電力会社は検針日単位で単価を切り替えています。ケーブルプラスでんきはこれまで、検針日にかかわらず、一律5月1日に単価を切り替えていました。今後、再エネ賦課金単価が下落する場合、単価の切り替え時期が遅くなることで、他の電力会社をご利用いただくよりも、お客さまのご負担が大きくなる可能性があります。そのため、このたび単価の切り替え時期を変更させていただきます。地域の電力会社等と同じ時期での切り替えとなりますので、地域の電力会社等をご利用いただいた場合よりも、お客さまのご負担が大きくなるわけではありません。

ケーブルプラスでんきは、再生可能エネルギーで発電した電気を使っているのか?

ケーブルプラスでんきの電源構成の内、再生可能エネルギーに由来する電源は、13.4%以上です(平成29年度)。詳細は、ケーブルプラスでんきHPでも公表しています。

お申し込み・お問い合わせは、
お近くの提携事業者まで

ケーブル局へお申込書を送るだけでお支払いを1本化できます。
まずは、お近くのケーブル局にお問い合わせください。

TOPへ