1. KDDIホーム
  2. 企業情報
  3. 地方創生 (Te to Te)
  4. イベント活動
  5. 『JBMC新潟ラウンド本選』参加レポート

『JBMC新潟ラウンド本選』参加レポート

はじめに

KDDIは、1/7にフラー株式会社、新潟大学の伊藤龍史研究室と共同研究契約を結びました。
この度、伊藤研究室が主催するベンチャリング・ラボが中心となり、1/23にJBMC (ジャパン・ビジネスモデル・コンペティション) 新潟ラウンド本選が開催されましたので、コンテストの様子をレポートにて紹介いたします。
JBMCは世界最大のリーンスタートアップ式コンテストであるIBC (International Business Contest) が日本で唯一認めるオフィシャル大会で、本コンテストは東京で開催の本大会に向けた新潟予選にあたります。世界基準のリーンスタートアップ・メソッドとツール (ビジネスモデル・キャンバス) に基づき、アントレプレナーとして成功するための必須スキルである仮説検証力や顧客発見力を中心に評価する、起業に直結する実践型ビジネスプランコンテストです。

なおKDDIは地方創生に向けた取り組みの一環として、本コンテストへの特別協賛とKDDI賞の贈呈を実施しました。

イベントの様子

今回はコロナ禍である点も考慮し、例年とは違いオンラインでの開催となりました。
応募者は新潟県内の大学生中心の10チーム (うち2チームは留学生) となり、3月の東京での本大会、5月のIBCの世界大会出場を目指して熱いプレゼンが繰り広げられました。KDDI賞は審査員として参加した、理事 経営戦略本部 副本部長の松野から、最近ベンチャー経営者や起業家の間でもブームとなっているサウナをテーマに、地元燕三条のものづくりの技術を使った国産サウナを生産し、サウナで身体的・精神的健康を改善するビジネスモデルを披露した新潟大学の冨田さんに贈呈されました。
その他にも現地社会に近い新潟の特色を生かしたり、SDGsの流れに沿った世界的な問題意識を持った若い学生の方々の熱い想いが、画面越しでもしっかりと伝わってきました。

<結果>

  • 新潟ベンチャーキャピタル賞 (本大会出場): 横山和輝様 オンラインビジコンを活用した採用モデル
  • BSN新潟放送賞 (本大会出場): 星野由佳様 汚泥灰からのリン資源回収・肥料化事業
  • KDDI賞: 冨田翼空様 ホームサウナ
熱いプレゼンを実施いただいた参加者のみなさま
KDDI賞の審査員を行うKDDI松野
KDDI賞を受賞した新潟大学 冨田さん
KDDI賞表彰状

おわりに

今回のJBMC新潟ラウンドから、新潟で起業家育成をけん引する新潟大学の伊藤准教授が新たに実行委員長に就任されました。ベンチャーやスタートアップの創出・育成によって、昨今地域全体で大きく盛り上がりを見せる新潟の気運がそのまま表現された、素晴らしいコンテストでした。

KDDIでは、サステナブルな地方創生の実現に向け、地域の『ひとづくり』を中心に活動を行っています。地域の『ひとづくり』を成功させるために地域のニーズや課題を把握するだけではなく、地域の教育機関や地域企業とも広く連携しながら、将来地域を担う人財育成をKDDIとしてもサポートし、地方創生に取り組みたいと考えております。

概要

名称 JBMC (ジャパン・ビジネスモデル・コンペティション) 新潟ラウンド
開催日時 2021年1月23日 (土) 13:00~17:00
会場 SN@P (新潟市中央区天神1-1 プラーカ3 1階)
※ 出場チーム及び審査員はオンライン (Zoom) にて参加
主催 ベンチャリング・ラボ、新潟ベンチャーキャピタル株式会社、株式会社新潟放送
特別協賛 KDDI株式会社
イベント活動

KDDI地方創生アカウント

最新情報をお知らせ!
  • twitter