1. KDDIホーム
  2. 企業情報
  3. サステナビリティ
  4. KDDIのSDGs
  5. 途上国の基盤整備 (暮らしをつなぐ)

途上国の基盤整備 (暮らしをつなぐ)

暮らしをつなぐ 途上国の基盤整備

主にアジアの途上国において、通信エリア圏外の居住人口ゼロに向けた通信インフラの整備と、安価で高品質な通信サービスの提供によって産業の成長を実現します。

Social issue社会課題

インターネットアクセス圏外居住者が、東南・南アジアで約3億人存在すること

Case 01

ミャンマーにおける通信インフラの整備

通信インフラ改善が急務であったミャンマーで、KDDIは、ミャンマー国営郵便・電気通信事業体 (MPT) および住友商事株式会社との共同事業を通じた通信サービス環境整備を進め、現在では全土で「スマホ」によるコミュニケーションを楽しむ姿が見られるようになりました。さらなる通信サービス品質向上を目指し、次世代を担うMPT職員の長期研修プログラムを日本で実施しています。

Case 02

「つながる」でみんなを笑顔に~ネパールにおける国際貢献~

ネパールの首都カトマンズから約650km離れた西部山岳地帯のダル地区において、海底ケーブル同様の頑丈な光ファイバーケーブルを陸上に敷設するという低コストでユニークな工法により、地域ネットワークを構築しました。カトマンズの医科大学の支援のもと、地域の中央病院と配下の診療所との間で遠隔検診環境も整いました。今後は医療の他、行政や教育など様々な用途に活用される予定です。

Feature article特集記事

    KDDI

    メニューを開く
    先頭へ戻る