株主通信 2017年冬号

株主さまからの質問にお答えします

Q 医療関連分野での取り組みについて、教えてください。

おウチで出来る血液検査「スマホdeドック」

  • 健康チェックの習慣化や健康意識の向上が疾病予防やリスクの早期発見に有効といわれています。
    当社は、ご自宅に届く検査キット (注1) で採血し、返送することで、インターネット上で検査結果・アドバイス確認や、気になる症状・生活習慣改善方法を医師・管理栄養士などの専門家へ相談できる「スマホdeドック」(注2) を提供しています。
  • 「スマホdeドック」ご利用の流れ

「スマホdeドック」の詳細は、ウェブサイトをご参照ください。
新規ウィンドウが開きますスマホdeドック

  • 外部サイトへ移動します。

「オンライン診療」への支援

  • 通院困難な高齢者が多い南相馬市立小高病院 (福島県南相馬市小高区) では、タブレット端末を持った看護師が患者宅を訪問し、タブレット端末越しに遠隔診療を行う「オンライン診療」を行っています。当社は相馬市、株式会社メドレーさまと連携し、この診療に必要なアプリ (注3) を搭載したタブレット端末の提供や通信環境の整備など、円滑な運用を支援しています。
    今後も、医療分野での新しいコミュニケーションの普及を推進していきます。
  • タブレット端末を使用したオンライン診療の様子

「オンライン診療」の詳細は、ウェブサイトをご参照ください。
新規ウィンドウが開きます2人に1人が高齢者。南相馬市で始まった「オンライン診療」の現場とは?

  • 外部サイトへ移動します。
  • 注1)
    指先からのわずかな血液採取で、医療機関での検査と変わらない検査結果を得ることができる厚生労働省から承認された血液検査セット。
  • 注2)
    2017年度は、浜松市など全国42市区町村を含む45団体と連携し、提供中。(予定含む)
  • 注3)
    予約からビデオチャットでの診察、決済や薬・処方箋の配送までオンラインで完結できる株式会社メドレーさま提供のアプリ「CLINICS (クリニクス)」。

株主通信 2017年冬号

株主通信 2017年冬号の全コンテンツがご覧いただけます。

pdfファイルをダウンロードします株主通信 2017年冬号 (969KB)

株主通信限定スペシャルARコンテンツ

スマートフォン・タブレットをお持ちの株主さまへ
当社の「スマートドローン構想」をAR (拡張現実) 動画でご覧いただけます!

pdfファイルをダウンロードしますAR動画視聴方法 (3.8MB)

KDDI

メニューを開く
先頭へ戻る