株主通信 2018年夏号

トップメッセージ

「通信とライフデザインの融合」を実現し、さらなるお客さま体験価値の向上を目指します。

株主の皆さまへ

株主の皆さまには、平素より格別のご高配を賜り、厚く御礼申し上げます。
2018年4月より、代表取締役社長に就任いたしました髙橋誠でございます。
就任にあたりご挨拶を申し上げます。

当社は「通信とライフデザインの融合」を推進し、従来の通信サービスに加え、コマース・金融・エネルギー・エンターテインメント・教育などのライフデザインサービスを拡充することでお客さまへの新しい価値提案を積極的に進めております。お客さまと通信でつながり、あらゆる接点を通してお客さまの生活が楽しく、豊かになるようなサービスを提案していきたいと考えております。
当社は通信事業を基盤に、長年にわたり人と人、企業と企業をつなぐコミュニケーション会社として事業を営んでまいりました。その中で常に感じていたことは「お客さまに一番身近に感じてもらえる会社」でありたいということです。「KDDIは常に私の目線で提案し、私のことをよく考えてくれている」とお客さまに実感していただける会社でありたいと思っております。その実現に向けて、今後本格化する第5世代移動通信システム (5G)・IoT・人工知能 (AI) などをはじめとするさまざまなテクノロジーを積極的に活用し、「ワクワクを提案し続ける会社」としてパートナー企業さまとともに新しい体験価値を創造してまいります。
さらに、法人のお客さまに対しても、真のパートナーとしてお選びいただけることを目指して、お客さまの「本業」の発展への貢献に取り組んでまいります。すべてのものにインターネットがつながるというIoTの時代において、パートナーの皆さまと新たなビジネスを構築していくことは、当社にとっても非常に大切なことだと考えております。
また、海外事業では、ミャンマーおよびモンゴルにおける個人のお客さまを中心とした通信事業の成長をさらに加速いたします。世界28地域62都市100以上の拠点を通じて提供している法人向けICTビジネスは引き続き事業拡大を続け、「TELEHOUSE」ブランドで提供するデータセンター事業についても、収益力の強化と事業規模の拡大を目指してまいります。

当社は、現行の中期目標 (2016-2018年度) において、「お客さま体験価値を提供するビジネスへの変革」を掲げ、「国内通信事業の持続的成長」、「au経済圏の最大化」、「グローバル事業の積極展開」の事業戦略をベースに持続的な成長を目指しております。中期目標の最終年度となる2018年度は、中期目標を確実に成し遂げるとともに、「通信とライフデザインの融合」を進め、事業のさらなる発展と利益成長の実現に向けて、全力で取り組んでいく所存です。

株主の皆さまには引き続きご支援、ご鞭撻を賜りますよう、お願い申し上げます。

KDDI株式会社 代表取締役社長
髙橋 誠

略歴

1984年4月
京セラ株式会社 入社
6月
第二電電株式会社 入社
2003年4月
当社執行役員
2007年6月
当社取締役執行役員常務
2010年6月
当社代表取締役執行役員専務
2016年6月
当社代表取締役執行役員副社長
2018年4月
当社代表取締役社長、現在に至る
2018年6月
当社経営戦略本部長
兼 渉外・コミュニケーション統括本部長、現在に至る
写真: 髙橋 誠

株主通信 2018年夏号

株主通信 2018年夏号の全コンテンツがご覧いただけます。

pdfファイルをダウンロードします株主通信 2018年夏号 (4.5MB)

株主通信限定スペシャルARコンテンツ

スマートフォン・タブレットをお持ちの株主さまへ
表紙のロボットが動く様子をAR (拡張現実) 動画でご覧いただけます!

pdfファイルをダウンロードしますAR動画視聴方法 (1.2MB)

KDDI

メニューを開く
先頭へ戻る