株主通信 2019年夏号

新中期経営計画 (2019-21年度)

当社は、事業環境の変化に迅速に対応しながら持続的な成長を実現するため、次の3カ年に向けた「中期経営計画 (2019-21年度)」を策定しました。

企業理念

KDDIグループは、全従業員の物心両面の幸福を追求すると同時に、お客さまの期待を超える感動をお届けすることにより、豊かなコミュニケーション社会の発展に貢献します。

ブランドメッセージ

「Tomorrow, Together KDDI」
「おもしろいほうの未来へ。au」

中期経営計画の策定にあわせ、新しい時代にKDDIが"お客さま・社会にとってどのような存在になりたいか"を問い直し、ブランドメッセージを一新しました。

Tomorrow, Together KDDI「明日も一緒に」パートナーとともに未来を信じて進み、成長・発展していく。
おもしろいほうの未来へ。au つねに楽しく遊び心のある未来を選び、世の中にワクワクする変化を生み出す。

目指す姿

  • [1]
    お客さまに一番身近に感じてもらえる会社
  • [2]
    ワクワクを提案し続ける会社
  • [3]
    社会の持続的な成長に貢献する会社

事業戦略

通信を中心に周辺ビジネスを拡大する「通信とライフデザインの融合」を核として、7つの事業戦略に沿って、持続的な成長を実現していきます。

財務目標

持続的な利益成長とより一層の株主還元強化の両立を目指していきます。

利益成長 EPS 6年後に1.5倍
株主還元 連結配当性向40%超

事業戦略について

個人のお客さまには、通信とさまざまなライフデザインサービスをあわせてお使いいただくことで、お客さまとのエンゲージメントの深化を図り、グループ会社を含むお客さま数 (ID)×総合ARPA×ご利用期間 (継続率) の総和である「ライフタイムバリュー」の最大化につなげていきます。
法人のお客さまには、KDDIの持つIoT・ICT関連の技術・ノウハウを生かしてお客さまのデジタルトランスフォーメーション (DX) をサポートすることで、お客さまの本業に貢献するとともに、パートナー企業とのオープンイノベーションにより新たなビジネスを創造し、パートナー企業と一緒に成長していくビジネスモデルを展開してまいります。さらに、国内はもとよりグローバルにおいても、5G/IoT時代における新たな価値創造を実現してまいります。

KDDI

メニューを開く
先頭へ戻る