お客さまの位置情報の取扱いについて

一人ひとりの位置情報が未来を変える力にも

位置情報と聞いてどのようなことを思い浮かべるでしょうか。広く知られているところでは、地図アプリを開いた際に現在地を表示するための機能として使われています。実はこの位置情報、街づくりや防災計画にも利用されることも。当社でも、サービスの開発等に活用させていただいております。当然のことながら、お客さまに関わる大切なプライバシーです。そのような情報を取扱う責任を認識し、プライバシーが十分に守られるよう配慮して慎重に活用させていただいております。以下では、その取り組みをご紹介いたします。

「十分な匿名化」により加工した位置情報の活用

「十分な匿名化」とは、電気通信事業者が扱う位置情報について、通信の秘密及びプライバシーの保護と社会的活用とを両立するため、位置情報と個別の通信とを紐付けることができないように加工する方法として考案された仕組みです。

「位置情報ビッグデータ」の活用

「位置情報ビッグデータ」とは、当社がお客さまから個別に同意を得た上で取得し、誰の情報であるかわからない形式に加工した位置情報データおよび属性情報です。

KDDI

メニューを開く
先頭へ戻る