1. KDDIホーム
  2. 企業情報
  3. 地方創生 (Te to Te)
  4. 自治体・パートナー企業と連携した事例紹介
  5. 事例紹介: 東京都多摩地域 地元企業と歩む地域マーケティング

事例紹介: 東京都多摩地域 地元企業と歩む地域マーケティング

魅力発信! 多摩においでよ
地元企業と歩む地域マーケティング

多摩地域の抱える課題とこれまでの取り組み

良好な住環境からベッドタウンのイメ―ジが強く人口減少とは縁遠い印象がある多摩地域ですが、中には、少子高齢化の影響を受け、20-30年後に現在の70%程度まで人口減少すると予想される地域もあります。
これだけ大幅な人口構造変化が予測される中では、今現在、当たり前となっている多摩地域の生活にも大きな影響を与える事が予想できます。
地域コミュニティや生活文化を持続可能なものとするためには、まずは地域住民自身がこの状況を再認識し、自分達の地域の魅力を改めて見つめ直し発信するなど、交流人口増加に向けた取り組みを行っていく必要があるという考えのもと、「多摩地域が一体で取り組む観光地域づくり」として多摩地域は観光振興に注力しています。

KDDIでは同取組を2017年度から支援しており、過去にはGPS位置情報ビッグデータを用いた観光動態調査や、自治体職員等を対象としたワークショップ開催、それらの結果を基とした観光戦略策定支援などを実施しました。

H30年度 観光地域づくりワークショップの様子

情報配信・デジタルマーケティングの実証事業を開始

こうした過去の検討を踏まえ、地域事業者や自治体職員らと共に、地域が一体となったイベント開催や、地域PRテレビ番組の制作等、様々な観光PRの取組みを支援。
また合わせて、どういったお客さまに多摩地域の観光コンテンツが刺さるのか等を可視化するため、観光情報サイトを構築したデジタルマーケティングの実証事業を開始しました。
イベント開催やデジタルマーケティング分析など、実践的な取組から得たお客さまの行動データや気づきは、自治体職員らとディスカッションしながら地域の更なる観光振興に向けて活用していきます。

分析用サイト
分析結果サンプル

これらの幅広い取組みは、KDDIグループ企業や、KDDIが支援するベンチャー企業との連携により実現しています。
KDDIは、地域やパートナー企業らと手と手を取りあって、地域の観光活性化を支援しています。

魅力発信!「まるごと多摩マルシェ」

多摩地域への交流人口の拡大や観光客の周遊を促進させるため、2019年11月30日、12月1日の2日間、多摩地域で人気のアウトドア体験商業施設「モリパーク アウトドアヴィレッジ」で「まるごと多摩マルシェ」が開催されました。
将来的な移住定住を見据え、若年層を既存顧客に持つCreema社と連携しCreemaクリエイターによるハンドメイド作品をはじめ、ワークショップ、多摩地域の名産品、ファーマーズマーケットなど約80店舗がずらりと並びました。

担当者さまインタビュー

東京都市長会事務局
企画政策室長
羽生 謙五さま

自治体が限られた資源で住民サービスを提供する際、広域連携は欠かせない要素です。生活圏は市町村区域とは必ずしも関係なく、また地域が一体となることで様々な力を結集することができます。その点「観光地域づくり」は絶好のテーマですが、住民や事業者との関係づくりなしには進められません。
KDDI様には、連携することの負担感も理解いただきつつ、ノウハウをお持ちのデジタルマーケティングやパートナー企業を巻き込んだ取組を実践いただき、新たな価値を感じさせていただきました。

KDDI担当から

パーソナル事業本部
ビジネスマネジメント本部
ウエルネスマネジメント部
地方創生G
岩成 達弥

この取組みでは、多摩地域30市町村の自治体職員の皆様と共に検討・推進を行っております。
非常に広域であるが故に、エリアによって地域の特色は大きく違い、また各市町村ごとに観光活性化に対する考え方も異なってきます。
従来は各種調査・分析業務が中心でしたが、「多摩全体」として観光活性化に挑戦するにあたっては、地域全体が一体となれる実践的な取組みが必要と考え、職員の皆様と共に企画を纏めてまいりました。
実際に各事業を進めていくと、やはり30市町村との調整に苦労する場面もありましたが、多摩の観光活性化という一つの目標に向け、自治体職員や地域事業者の方々、パートナー企業などの協力を受けて実現する事が出来ました。

今回、実際にやってみた事で見えた気づきも多数あったため、今後も地域の方々と一緒になって取組み、ワクワクを共創し続けるパートナーを目指します。

自治体・パートナー企業と連携した事例紹介

KDDI地方創生アカウント

最新情報をお知らせ!
  • twitter

KDDI

メニューを開く
先頭へ戻る