1. KDDIホーム
  2. 企業情報
  3. 地方創生 (Te to Te)
  4. 自治体・パートナー企業と連携した事例紹介
  5. 事例紹介: 福島県檜枝岐村2 ビッグデータを活用して、尾瀬来訪者の属性や行動を可視化。

事例紹介: 福島県檜枝岐村2 ビッグデータを活用して、尾瀬来訪者の属性や行動を可視化。

来訪者の属性や活動を把握することで、マーケティング戦略を検討。

檜枝岐村の抱える課題

檜枝岐村は尾瀬国立公園を有する自然豊かな地であり、その自然を目的とした観光客が多く来村していたことから、第三次産業を主産業として発展してきました。
しかし、近年では入山者数は減少しており、観光客の減少に伴う地域経済の縮小が懸念されています。
村には尾瀬国立公園や温泉などの「自然」、檜枝岐歌舞伎に代表される「歴史・文化」など多くの観光資源があり、地域ブランドの構築と情報発信の強化が急務でしたが、参考となるマーケティングデータがない状況であり、戦略が立てられず苦慮していました。

マーケティングデータとして、尾瀬国立公園への来訪者の属性や行動を可視化するにあたり、檜枝岐村様と意見交換をさせて頂き、全12項目の動態分析を行うことと致しました。

尾瀬国立公園 動態分析12項目

分析対象エリアと名称

auスマートフォンの位置情報ビッグデータ (注1) を活用した動態分析レポートサービス「Location Trends」(注2) にて、尾瀬来訪者の属性や旅程の可視化を行いました。

  • 注1)
    KDDI株式会社と沖縄セルラー電話株式会社がお客さまから個別に同意を得た上で取得し、誰の情報であるかわからない形式に加工した位置情報データおよび属性情報です。
  • 注2)
    「Location Trends」は、株式会社コロプラとの共同運営サービスです。

位置情報データの概要

氏名、電話番号の個人を特定しうる情報は含まれません

動態分析の結果 (一部紹介)

  • 来訪者の性別は男性が57%とやや多く、年代は40代以上が全体の77%を占める。
  • 居住地域は、関東、中部、東北の順に多く、都道府県では埼玉県、東京都、群馬県の順に多い。
  • 道の駅尾瀬檜枝岐のみ来訪される方は、40歳上の割合が高く、宿泊旅程が5割以上を占める。
  • 道の駅尾瀬檜枝岐来訪者が立寄った市区町村は檜枝岐村、南会津町、日光市、魚沼市の順に多い。
来訪者属性
来訪者居住地

尾瀬来訪・非来訪比較

来訪者立ち寄り箇所

KDDIは地域の課題をICTで支援していきます。

檜枝岐村担当者さまインタビュー

檜枝岐村観光課長
平野 勝

第三次産業を主産業とする当村にとって、観光動態データは非常に重要でありながら、アンケート等でしかデータを収集することができませんでした。
アンケートでは偏ったものとなることが懸念されましたが、今回の動態調査では尾瀬エリアを含む当村への来訪者の居住地や前後の立ち寄り箇所だけでなく、尾瀬エリアまでは行かないお客様の割合なども可視化され、今後の観光行政において大変参考となるデータでした。
今後も当村の様々な課題解決にむけて、今回の動態調査のようなKDDI様でしかできないご支援をいただきますようお願いいたします。

KDDI担当から

KDDI株式会社
技術統括本部
建設本部
エリア品質管理部
北関東エンジニアリングセンター
柿本 英水

檜枝岐村は尾瀬国立公園、奥只見ダム、檜枝岐歌舞伎など観光資源が多く、美しい自然、歴史を堪能することが出来ます。
地域活性化を目的とした協定の最初の取組みは、檜枝岐村様へ訪問を行い意見交換、情報収取から開始しました。皆様と議論を重ねるうちに、檜枝岐村ならではの課題を知る事が出来、解決に向け取り組む事が出来ました。
今回、協定を結んだ観光客の動態分析は、檜枝岐村様、並びに株式会社コロプラ様のお力添えのおかげで完成する事が出来ました。
今後も地域が抱える課題を現地の皆様と一緒になって、ワクワクを共創し続けるパートナーを目指します。

自治体さまプロフィール

自治体・パートナー企業と連携した事例紹介

地方創生 (Te to Te)

KDDI地方創生アカウント

最新情報をお知らせ!
  • twitter

KDDI

メニューを開く
先頭へ戻る