1. KDDIホーム
  2. 企業情報
  3. 地域共創 (Te to Te)
  4. 活動レポート
  5. 長崎県五島市 ICT/IoTを使った陸上養殖の実証実験の説明会と陸上養殖場のご案内会 実施レポート

長崎県五島市 ICT/IoTを使った陸上養殖の実証実験の説明会と陸上養殖場のご案内会 実施レポート

はじめに

長崎県五島市とKDDI株式会社は、2019年2月7日に地域活性化を図ることを目的とした協定を締結し、2019年8月からマグロ養殖作業者の作業効率化と安全確保の取組みを実施しました。その後五島市より島内で地下海水を使って陸上養殖を行っている株式会社五島ヤマフをご紹介頂き、五島市、五島ヤマフ、KDDIで陸上養殖において課題となっている人手不足と病原菌等のリスクの解消を検討してまいりました。
そして、2022年4月よりICT/IoT機器 (漁場監視カメラ/環境モニタリング/遠隔自動給餌機) を導入し、養殖場の従事者の作業効率化と衛生的な養殖環境を保つことを目的とした実証実験を開始し、5月25日に五島市内でメディア向けに説明会と陸上養殖場のご案内会を行いました。

イベントの様子

長崎県五島市でメディア向けに開催された「ICT/IoTを使った陸上養殖の実証実験の説明会と陸上養殖場のご案内会」では、TV局や新聞社などの地域メディア9社が参加されました。

本実証では、陸上養殖用ヒラメの生け簀1ヶ所へ漁場監視カメラを設置し、生け簀を水中と水上から動画撮影します。さらに、遠隔自動給餌を設置することで指定した時刻に自動で給餌を行い、給餌機に接続したセンサーで水質をモニタリングし、クラウドで管理しています。これにより水質維持作業や給餌を遠隔管理することができ、働き手の省力化や生産効率の向上を図ります。

五島市の角野部長からは、ICT活用による水産業の活性化への期待について、また、五島ヤマフの久保場長からは、実証による作業の効率化やヒラメの成長率の高さの手ごたえが語られました。

【当日のスケジュール】

○陸上養殖のICT/IoTを使った実証実験に関する説明会

  • 冒頭の挨拶: 五島市 産業振興部 部長 角野 隆 様
  • 実証実験の全体概要について: KDDI 地方創生支援室 室長 齋藤 匠
  • KDDI IoTクラウドStandard LIVEコースpro を使った養殖水槽のリアルタイム映像を投影
  • 遠隔での養殖管理のデモンストレーション: 五島ヤマフ 場長 久保 聖徳 様
  • 質疑応答

○五島ヤマフ養殖場ご案内

  • 五島ヤマフ養殖場へ移動し、実際に遠隔設定した自動給餌の様子や養殖場水槽のヒラメを撮影し、関係者の取材を実施
実証実験に関する説明会の様子
PCやスマホを使って遠隔で給餌設定をする様子
生け簀に設置された水中カメラ映像
自動給餌機から餌が出る様子を撮影する取材陣の様子

おわりに

今回長崎県五島市に於いてメディア向けに、ICT/IoTを使った陸上養殖の実証実験の説明会と陸上養殖場のご案内会を開催し、多くのメディアに取り上げていただきました。この実証では、ヒラメに適した養殖環境と、遠隔設定で1時間おきに少しずつ給餌をすることにより、通常よりもヒラメの生育が良く、成長率や生存率の高さに驚きの声も聞かれました。
また、実証を通して従事者の作業効率化につながる事が実感でき、ICT/IoTを利用することで養殖業の事業拡大に貢献できる取り組みになると感じております。
今後は、取得した遠隔カメラの映像を活用することで、魚の生育状況や、餌を求める行動分析、健康状態のモニタリングが可能なことから、AIなどによる給餌の最適化により、さらなる効率化を目指してまいります。

概要

名称 長崎県五島市 ICT/IoTを使った陸上養殖の実証実験の説明会と陸上養殖場のご案内会
開催日時 2022年5月25日 (水)
会場 五島市富江地域福祉センター/五島ヤマフ養殖場
主催 五島市役所
共催 株式会社五島ヤマフ、KDDI株式会社
活動レポート

KDDI地域共創アカウント

最新情報をお知らせ!
  • twitter