タブブラウザ

タブブラウザの概要

読み: たぶぶらうざ

タブブラウザとは、複数のWebページを1つのウィンドウにまとめ、表示するWebページをタブを選ぶだけで切り替えられるWebブラウザのこと。その名の通り、見た目も機能も本やファイルに目印として付けるタブをモチーフとしている。
タブブラウザが普及する前のWebブラウザでは、1つのウィンドウにつき1つのWebページしか表示できず、複数のWebページを扱うにはその数だけウィンドウも起動する必要があり、Webページを切り替える手間もかかっていた。一方、タブブラウザは、それら欠点を克服している上、タブを分離してウィンドウを複数表示したり、タブの新規追加といった操作も可能。利便性が高く、パソコンで利用できるほとんどのWebブラウザにタブ機能が導入されている。
パソコン用だけでなく、スマートフォン用のWebブラウザでも、タブの機能を有したものが複数存在する。

2016年03月31日 更新


最近見た用語